管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

May 30, 2006

少しずつ上向き

風邪もやっと落ち着いてきましたが、まだノドと鼻の調子が悪いので、昨日は勤務時間内の休憩時間を利用して、会社近くの耳鼻科へ行って来ました。休憩時間は1時間なので、病院へ行くとそれだけで終わってしまいそうでしたが、上司に「ノドの腫れが引かなくてこの間から通院しているので、すみませんがこの休憩時間中に診察してもらってきます。多少休憩時間を出てしまうかもしれませんが・・・」と言うと「病院のときは、時間は気にしないで最優先で行ってきなさい。少しくらい戻ってくるのが遅くなってもいいから。」と言ってもらえ一安心。

早速耳鼻科へ行くと、ノドはよくなってきているけど、鼻の奥のほうで炎症が起きているとのこと。鼻の通りが悪いから、ノドにも影響が残ってしまっているとのこと。体って全部つながっているのね~と妙なところで納得。この4日間くらい飲んでいた薬を変えて、少々強い薬を処方されることになりました。ミノマイシンという抗生物質とムコソルバンを出されましたが、ミノマイシンは人によっては「めまい」や「頭痛」「ふらつき」などの副作用が出る場合があるので、それだけ頭に入れておいてくださいと言われました。仕事中に影響が出ないといいのですが・・・。

もうすぐ6月に入り、また乳腺外科の診察とリュープリン注射があります。病気のことは普段極力忘れるようにしていても、病院へ行くとまだ治療中であることを実感します。このところ気持ちがずっと沈んでいたので、私に必要なのは体のことよりもメンタル・クリニック受診じゃないのか・・・と考えたこともありましたが、昨日あたりからまた復活してきました。毎日の生活って、結局これの繰り返しなのかもしれない。沈んだり浮かんだり、その繰り返し。

May 20, 2006

腕のむくみとPETの話

このところずっと術側の腕の痛みが続いていました。リンパ浮腫のはじまりでなければいいけど・・・と思ってましたが、先日、放射線科の受診があったのでそのときに診てもらったところ「むくんでいますね」と言われてしまいました・・・。

二の腕もだるい感じなのですが、それよりも何よりも、手首から肘にかけてのラインの痛みがつらいのです。腕時計をすると(今までは跡がつかなかったのに)今はベルトの跡がしっかりついてしまいます。そのことを主治医に話すと「ちょっと腕を見せて」と言われ、案の定「う~ん、むくんでるね」とのお言葉。私はリンパ隔清をレベル3までやっているので、比較的リンパ浮腫になる確率が高いというのは頭の中ではわかっていたつもりが、いざ症状となって出てくると(参ったな・・・)という感じ。今のところ腕の太さは(見た目では)変わっていないものの、ひどくなると左右の腕の太さが変わってくるそうです。

これ以上、むくみがひどくならなければいいのですが、むくんでいる部分は全体的に熱をもっているような感じで、左腕は常にだるく、ちょっとした荷物すらもてなくなってしまいました。なので通勤の際の荷物は、全て右肩&右腕にかけています。リンパ浮腫に関しては、これまた決定的な治療法がないため、自分でマッサージなどをして痛みをしのぐしか方法がなさそうです。主治医からも「気が付いたときに、マッサージをして症状を和らげるしかない」と言われました。でも素人判断でマッサージするのも怖いので、今日は母に左腕をマッサージしてもらいました。(>母はマッサージ師なんです!)

最初は痛くて痛くて「うぎゃー、痛い!」と転げまわるほど大騒ぎしていましたが、次第に痛みがとれてきて、最後のほうはけっこう力を入れられても平気になりました。仕事中など、腕がつらくなってきたときには自分でもさすったり、軽くマッサージしたりしていますが、なかなかすっきりしなかったので母に揉んでもらってだいぶ良くなりました。

それと今回の診察の際、乳腺外科の主治医から預かっていた、血液検査のデータを持っていって放射線科の主治医に渡したのですが、気になることを言われました。腫瘍マーカーが、正常値の範囲内ではあるけれど、前回よりも上がっているので、もしまだ受けたことがないのであればPET検査を検討してみてはどうか?と提案されました。

PETか~・・・。個人的には興味があったけど、いざやってみてはどうか?と言われると、抵抗があります。何か問題があるとCT検査などよりも詳しく写ってしまうので、本来見つからなくてもいいものまで見つかってしまったらどうしよう、という懸念(というより恐怖?)もあります。私が「ん~・・・そうですね~」と言葉を濁していると「でもまだ化学療法が終わって9ヶ月くらいでしょう。逆に今やるのはまだ早いかもしれないなぁ」とも言われて、自分でも迷っています。それにPETって検査代金もかなり高額みたいだし・・・。ただでさえ、今はホルモン療法(リュープリン注射+ノルバデックス)で毎月約3万円が飛んでいくのに、その上PETをやったら一体いくらかかるんだろう?肝心なこと(金額)を聞いてくるのを忘れました(-_-;) ただ、病院側のスタンスとしては、PETにしろ他の検査にしろ、本人の希望が優先なので、人によっては1年に1回しか定期検査しない人もいれば、3ヶ月とか半年おきに検査する人など、いろいろみたいです。

それから、これは書きそびれていましたが、更年期障害(ホットフラッシュ)の症状がひどいので、婦人科を受診した際に、ツムラの漢方薬(23番・トウキシャクヤクサン)を処方してもらいました。体内の水分や血の流れ、ホルモンの働きを調整してくれるそうです。最低でも2週間は飲んでかられないと、効果のほどがわからないので、毎日忘れずに飲んでいます。仕事中、汗だくになるのはしんどいので、これで少しでも症状が改善されるといいなと思っています。

May 15, 2006

会社の健康診断

先日、健康診断を受けてきました。受診前に毎年「問診票」の記入をさせられていましたが、今回驚いたのは、今までにと比べて細かな質問事項が増えた点です。既往歴を記入する欄があって、そこにはガンを始めとする様々な病名が書かれていて、当てはまるものには「チェックマーク」をつける、というものでした。

もちろん「乳がん」の欄もあったので、私はまずそこにチェック・マーク。さらに婦人科系疾患の欄などもあって(ここまで書きたくないな~)と思ったけど、休職中、病院の領収証を会社に送る必要があって、そのとき婦人科にかかっていたこともすでにバレているので、包み隠さず当てはまる箇所全てにチェック・マークを入れました。

それにしても、今までこういう欄はなかったのに、私が復職した途端にこんなに細かく書かされることになろうとは、かなり驚きました。「胸にしこりがある」という項目もあったので、これを機に社内の他の女性たちにも、何となくでいいから危機感を持ってほしいなという気はしました。

病院で定期健診を受けているから、肺のレントゲンは受けなくてもいいと言われたけど、採血については「病院で採血していても、会社でも取らせてください」と言われ、血を抜くことに・・・。抗がん剤を打ったあとの私の血管は、つぶれてしまって採血がしづらくなっています。今回、最初に担当してくれそうになったのはまだ新人っぽい人で、ず~っと血管を探しているので、私が「私の血管はけっこう手ごわいので、病院でもよく失敗されるんですよ」と言ったら、その人の顔色が変わり「今、うまい人を呼んできます」と言ってくれたおかげで、近くにいたベテランっぽい人が抜いてくれました。やっぱり失敗されるとたまらないもんなー。1発で済ませてほしいですから。

※最近ココログの反応が遅くて、コメントをつけても表示に時間がかかっています。ただ、実際は「コメント」を開くとちゃんと読めます>凸さん

May 10, 2006

もうすぐ健康診断です

5月も2週目に入りました。久々の日記になります。別館サイトには書きましたが、復職して5ヶ月目に入り、疲れがたまりつつあるのか仕事をどうしようかと考えています。どうしようかといっても、どんな形であれ仕事は続けなければ生活は成り立たないので、ずっと家にいるという選択は「もちろん無し」です。

2日ほど前から風邪をひいてしまい、体調がよくありません。こんなときは(あ~仕事休みたい、休みたいよ~。)と思いますが、結局今日も会社へ行ってしまいました。咳はあまり出ないけど、ノドをやられていて話すのがつらいので、職場で誰かに何か話しかけられても一瞬だけニコッとして、適当に受け流していたところ、周囲はそれで察してくれたみたいです。今日はひたすら自分のペースで仕事ができたので、その点は快適でした。

今週は会社の健康診断があります。私の場合、上層部には病名は伝わっているし、医務室専属のナースにも事情は話してあるので、特に隠すべきようなこともなくて気楽は気楽。ただ、現在は乳がんの経過観察でしょっちゅう検査をやっているので、今回の健康診断とダブる項目に関しては、あえて受診する必要はないと会社側の了解を得ました。

現在、血液検査と超音波検査を3ヶ月に1回、肺のレントゲンを半年に1回やっているので、会社の健康診断ではそれらの項目は無しでOK。代わりに尿検査や身長・体重測定、視力・聴力検査などは私も受診の対象になります。来年からはバリウム検査も加わってしまうのですが、正直「胃よりも乳だろう」という頭があるので、バリウム検査はできれば受けたくありません(-_-;) それまで今の会社にいたら・・・と仮定しての話ですが。でも今回一番心配なのは、なんといっても体重測定です。一体昨年から比べたら何キロ太ったのか・・・あまり考えたくありません。

« April 2006 | Main | June 2006 »