管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 病気もののテレビドラマ対決 | Main | ホルモン療法について »

April 05, 2006

従姉妹の結婚

私には5歳年下の従姉妹がいます。親の兄弟姉妹はけっこう多いのに、なぜか従姉妹はたった2人だけしかいないので、昔から姉妹のように育ってきた仲の良い従姉妹です。私の妹の結婚式では真っ赤なドレスを着て登場したので、ちょっと周囲を驚かせてしまったみたいですが・・・。ここは妹の知り合いの方々も読んでくださっているようなのであえて書きますが、従姉妹は昼間はOL,夜は銀座でホステスという顔を持っています。結婚式のときにいた、あの真っ赤なドレスの彼女といえば、たぶんおわかりいただけるかと思います。

従姉妹は綺麗な子なので、とにかくモテまくりなところがありました。昔から男の人が切れたことがないというか、私みたいに恋愛が不得手な人から見ると、羨ましいなと思っていた時期もあります。とにかくとても気が利くし、お料理も上手だし(きっとこういう子がいいお嫁さんになるんだろうなぁ)なんて思っていたものですが、ところがどっこい!

どうも従姉妹が付き合う相手というのが、だめんず系の男ばかりで、話を聞かされるたびに「うえ~、そんなのやめておけ~」というパターンが多かったのです。これまでの経歴は不倫あり、バツ1子持ち男・・・などなど、仮に結婚できたとしてもその後いろいろな問題がつきまといそうな人ばかりが「彼氏」だったのです。

ここ数年、従姉妹から聞かされていたのは「バツ1子持ち男」と結婚するかもしれない、ということでした。しかも子供だけではなく、母親(姑)までくっついてくる、ということで彼女自身二の足を踏んでいる部分があるようでした。しかもそのお相手、家はあるけど別れた妻に養育費を払い続けなければならない、ということで生活が困窮するのも目に見えているということでした。

そんな話を聞かされては、いくら従姉妹が好きな相手だとしても(何も自ら「苦労の道」を選ばなくても・・・)と暗澹とした気持ちになるのでした。そして従姉妹は「実はさ、そのバツ一男以外で、もう1人私のことが好きで好きでたまらない、って言い続けてる男の人がいるの」という話を聞かされたのは、一体何年前の話だったでしょうか。

その男の人、もちろん独身、年は一回りくらい違うそうなのですが、従姉妹のことが大好きで、なのに従姉妹は「あの人を男として見ることはできない。第一、デートもしたことないし、しようとも思わない。とってもいい人なんだけどね・・・」と話してくれたことがあります。

その従姉妹がこの度結婚することになったそうなのです。私は仕事で会えなかったのですが、一時帰省していた妹が、従姉妹と会ったときにその報告を受けたそうなのです。ところが「でもさ、相手はバツ一男じゃないんだよ!なんと、その『いい人』と結婚するんだって!!!」と聞かされて、私も思わず「えーーーーー!!!!」と叫んでしまいました。

従姉妹の家は、母子家庭で、彼女は母親と2人で暮らしてきました。子供の頃に両親が離婚したことで、従姉妹の心は(私などの想像も及ばないくらいに)傷つき、そのことで母親である私の叔母とも口喧嘩が絶えませんでした。

それでも、もし彼女が結婚してしまったら、母親が1人になってしまうというのをやはり気にかけているようでした。今回、従姉妹が結婚しようと決意したお相手は、すでにご両親が亡くなっており、1人であること、従姉妹が母親を残して嫁にはいけない、と母親を大事にしていることを十分わかっているから、3人(プラス彼女の愛犬)で一緒に暮らそう、と言ってくれたそうなのです。
ただ、もう1つ決定打があって、従姉妹は結婚したら子供が産みたいと希望しているのに、バツ一男は「俺にはもう子供はいるから、お前との間に子供はいらない」と言ってきたことで(あー、コイツとはダメだ)と心が決まったようです。

「いい人」さんは、従姉妹と付き合いだしてからも指一本触れてこない、それほど真面目な人らしいのですが、(というより、私と妹はそんなプラトニックな関係のまま結婚を決めたことに「大丈夫かー!?」とかなり驚いてしまったのですが)、従姉妹によると「もう今まで十分遊んできたから、結婚後もし『そっち』が合わないとわかっても大丈夫だと思う」とコメントしていたそうです。

でも何よりも感動したのは、そのお相手に、従姉妹が「結婚をします」と返事をしたときに、涙を流さんばかりに喜んでいたということを聞いたことです。よく「女は愛されて結婚するほうが幸せ」というけれど、従姉妹の場合はまさにそれかも。そこまで大事に思ってくれている人が旦那さんになるのなら、きっと幸せになってくれると思います。まー、また私は追いていかれてしまうけど、従姉妹の結婚はやっぱり嬉しいな。あ、ちなみに結婚が決まってからは、ホステスの仕事はスッパリとやめたそうです、念のため。早ければ来月にも入籍するとのことで、そのスピード結婚ぶりにもびっくり。でもホント、幸せになってほしいです。

« 病気もののテレビドラマ対決 | Main | ホルモン療法について »

「恋愛」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/9448165

Listed below are links to weblogs that reference 従姉妹の結婚:

« 病気もののテレビドラマ対決 | Main | ホルモン療法について »