管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 挨拶まわり | Main | いよいよ2006年です »

December 30, 2005

この1年を振り返る

ココログの調子が悪くて、こちらのサイトがなかなか更新できませんでしたが、やっと直りました。

今年も残すところあと1日となり、この1年をざっと振り返ってみます。


2004/10/25 初診で乳がん告知を受ける
2004/11/01  細胞診の検査
2004/11/09  MRI撮影
2004/11/13  ~会社休職
2004/11/16  入院
2004/11/18  左乳房温存手術
2004/11/27  退院
2004/12/12  大阪・神戸へ旅行(化学療法前に)
2004/12/15  CEF1回目
2005/01/05  CEF2回目
2005/01/26  CEF3回目
2005/02/16  CEF4回目
2005/03/09  CEF5回目
2005/03/16  東京都千代田区・神田明神にて厄除け祈願
2005/04/08  CEF6回目
2005/04/19  埼玉・秩父の芝桜を見に行く
2005/05/02  タキソテール1回目
2005/05/23  タキソテール2回目
2005/06/15  タキソテール3回目
2005/07/06  タキソテール4回目
2005/07/28  放射線科初診
2005/07/29  ~放射線治療開始(土日以外毎日通院)
2005/08/19  新潟(越後湯沢)へ温泉旅行
2005/08/31  放射線治療終了(計50グレイ照射)
2005/09/01  ~ホルモン療法(ノルバデックス服薬)開始
2005/10/28  アメリカ西海岸へ旅行
2005/11/25  広島・山口へ旅行
2005/12/22  職場へ挨拶まわり(上司と同僚へ)
2005/12/26  職場へ挨拶まわり(役員クラスの方々へ)


上半期は化学療法の副作用でかなりメタメタにやられていたので、心身共に大変つらい状況が続きました。今振り返ってみると、薬による全身の倦怠感や吐き気にも参ったけど、それよりも何よりもやはり脱毛がつらかった。去年の今頃はちょうど脱毛が始まって、朝起きぬけに枕を見ると、数百本単位で髪の毛がゴッソリ抜けていて、それを見ただけでも具合が悪くなりそうでした。

抜ける前に、自ら頭を丸めてしまおうかとも思ったけど、それもできなかった。ただただ、毎日確実に抜け続けていく髪の毛を情けない気持ちのまま、ガムテープでとりながら過ごしていくしかありませんでした。

かつらをかぶるなんて、一体どんな感じなんだろう?周りの人からどう思われるんだろう?
かつらをかぶって会社に行くなんて、絶対イヤ!!!

・・・と思っていました。
その後、ネットでかつらを購入して、家でかぶるのには慣れましたが、外出するときには帽子を手放すことができませんでした。

脱毛したことで心は大きく傷ついて、体調が安定しているときでも、友達や知り合いに会うのはとても抵抗がありました。なかなか誰かに会おうという気が起きなくて、かなり長い間「引きこもり状態」でした。

その後、ようやく友達と会おうという気になったときも、かつらだとバレるんじゃないか?とかなり冷や冷やものでしたが、いざ会ってしまうと、自分からカミングアウトしてしてしまいました。でもそれも、本当に気持ちの優しい信頼できる人にだけ話したほうが良いと思います。

今までの付き合いの中で(この人からはきつい言葉を投げかけられそうだ)というのがわかっている場合は、治療中は会わないほうがいいと思います。治療中はただでさえ「神経過敏」になっていて、ちょっとしたことでも気持ちが沈んでしまうのに、無神経な言動ほどやっかいなものはありません。

ネットで買ったかつらが傷み始めた頃、たまたま見つけたウィッグ・ショップで以前の自分の髪型にそっくりな、素敵なかつらを見つけました。(これだ、これしかない!)と天にも昇る気持ちで、即購入!

それからは活動範囲が大幅に広がりました。こちらから言わない限り、かつらだとバレることもなくなりました。先日の職場への挨拶まわりも、その「お気に入りかつら」をかぶって行きました。今のところ誰からも気付かれていない模様。

人間関係にも大きな変化がありました。親友だと思っていた人たちが、真っ先に消えていきました(笑)また、病気のことをかなり詳しく伝えてあったのにも関わらず、私が落ち込んでいるときに「幸せオーラ全開」の新婚生活報告を手紙で送りつけてきた人もいました。いつもなら(幸せだから、のろけても仕方ないよね)と思えることでものろけの域を超えていて、明らかに自慢っぽい文面がつらつらと・・・。そして「私は健康で、よかったです」の一文がどうしても許せなかった。それが病気と闘っている人間に向かって放つ言葉かと思いました。

思えばいつも自分の方が上に立っていないと気がすまない人だったな~・・・とか。今まで見えなかったことが、はっきり見えるようになってきたので、そういう人にも(もう用はない)と思いその後も何度か手紙がきたけどだんだん疎遠にしていきました。

逆にそれまでそれほど親しい付き合いをしていたわけではなかったのに、病気のことを話したら、とても親身になってくれていつも電話をくれたり、メールをくれたり、時には手紙をくれて励まし続けてくれる人たちの存在もありました。

去年の今頃は、先の見えない不安に押し潰されそうでした。もちろん、今も「心の闇」とは常に隣り合わせで、奈落の底に落ちそうになることもあるけれど、私にとっては最大の悩みどころでもあり関門でもあった「職場復帰」ももう目前です。

病気になる前は、どうも頑張り過ぎる節があったので、これからは「頑張らない」。これが私の目標です。

« 挨拶まわり | Main | いよいよ2006年です »

「乳がん」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。ブログを見ていて思いました。私たち、よく頑張ったじゃんって。拍手!
病気をして私は人生の“ふるい”をかけることができたと思っています。友人関係、仕事、遊び、、、何が大切で何が不要なのか。まあ、そういう点で他の人よりは一歩先ゆく女になれたのでは? 
来年は身体様の声をよく聞きながら、ぼちぼちやっていこうね。よいお年を!!

はじめまして、カラカラと申します。きゃんべるさんのところのリンクから、こちらにおじゃまさせていただきました。

ななこさんのブログを少し拝見して、私と年が近いことと、化学療法を終えた時期がほぼ同じ時期であることに気がつきました。

私は10月から少しづつ髪の毛が生え初めている状態で、「髪がのびたら職場復帰」などとのんびり考えていたのですが、ななこさんはもう復帰されるのですね。すごいですよ!なんか、自分も気力がわいてきましたよ!
でも、まだ寒いですからムリせずぼちぼちいきましょうね!
私は卵巣ガンなのですが、もしよければこちらにも遊びにきてくださいね!
ではでは~

カラカラさん、はじめまして。
書き込みありがとうございます、嬉しいです!!!

年も近く、化学療法を終えた時期もほぼ同時期なのですね。
とても親近感を覚えます。仲良くしてくださいね

私の髪の毛はようやくモンチッチくらいになりましたが、まだ前髪が1センチくらいしかないので
さすがにかつらは外せません。

本当は私も「自毛デビューと同時に職場復帰」と考えていたのですが(少なくとも始めはかつらをかぶって出社などという選択肢は、自分の中ではあり得ませんでした)、伸びるのを待っていたら夏までかかりそうなので、年明けならちょうど「キリ」もいいかなあと思って、このタイミングでの復帰となりました。

かつらってバレてるのかなあ?とか、いろいろ気を遣うこともありますが、私が気にしているほど周囲は気にしていないんだということに気付きました。

人の輪の中に入っていくのは、最初は勇気が要るかもしれませんが、飛び込んでしまえば何とかなるものだというのが実感です。

病気の部位は違っても、体験した心の痛みは同じだと思っています。
これからもよろしくお願いします!

はじめまして。
がんばり屋のきゃんべるさんやカラカラさんのブログにリンクしてもらっている「yann」と申します。
ほんとに、がんばりましたね。
私は子宮体がん+卵巣がんなので、ななこさんとは部位が違うんですが、たびたびここを拝見させていただいてました。

この季節、髪がモンチッチだと寒さ倍増ですよね。
1年くらい前の私がちょうどそんな感じでした。
でも、あれからどういうわけかショートヘアが周囲に評判よくて、今では少し伸びるとすぐに美容院に直行です。
病気をするまでずっとロングヘアだったのですが、今ではこの髪型が気に入ってます。

私は化学療法による脱毛が始まる前に、さっさとスキンヘッドにしてしまったので、抜けていくプロセスを体験し損ないました。
でも、自分としてはそれでよかったと思っています。
そのへんの心理の変化なども私のブログに書いてますので、もしよろしければのぞいてみてくださいね。

それでは、またコメントさせてください。
ゆっくりいきましょう。

yannさんへ

こんにちは、はじめまして!
コメントどうもありがとうございます。
ここのブログを読んでくださっていたそうで
そのことも本当に嬉しいです。

部位は違えども、この病気になったことによるつらさ(化学療法の副作用や心の痛みなど)は同じだと思いますし、ある意味「同士」だと思います。

髪の毛は前髪が全然伸びてこなくて参っていますが、他はけっこう伸びてきました。
一昔前の「ベッカム」みたいに、頭の毛が立つようになってきましたよ^^;

会社にいくときは「かつらこ」を被って行ってますが、これを自毛に切り替えるタイミングが難しそうですね。

私は以前はずっとおかっぱ頭だったのですが
今被っているかつらこも「おかっぱ」なので
周囲は気付いているのか、いないのか…。
職場で1日中かつらを被っているのはかなりつらいものがありますが、唯一の救いは今が冬であることです。これが真夏だったら耐えられなかったと思います。

今までは何があっても「ショート」にはできなかった私ですが、治療の副作用で強制的に今の状態になってからは(意外とショートもいいかも)と思い始めています。慣れってすごいですよね。

yannさんはご自分でスキンヘッドにされたとはすごい勇気です!私はしたくてもできませんでした。髪が抜けていく様は、ある意味ホラーでしたけど、そのことがあってから本当にいろいろなことが自分の中で吹っ切れた気がします。

yannさんのブログにもおじゃましますね。
今後ともよろしくお願いします!
また遊びにきてください。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/7911492

Listed below are links to weblogs that reference この1年を振り返る:

« 挨拶まわり | Main | いよいよ2006年です »