管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 雑誌「AERA」に載りました | Main | 1年前の明日 »

November 16, 2005

1年ぶりのマンモグラフィー

そういえば、先日は腫瘍マーカー上昇のことがショック過ぎて書きそびれてしまいましたが、同じ日にマンモグラフィーの撮影がありました。ちょうど去年の初診のときに担当だった技師さんと同じ方で、その方も私のことを覚えていてくれました。

ほぼ1年ぶりのマンモは、相変わらずの激痛。特に術側の左側なんて、放射線をやったこともあって少し硬くなっているから、余計に痛く感じました。乳房を機械で挟んで圧迫して、ぺちゃんこ状態にするわけですから当然といえば当然なんですけど、圧迫される瞬間は「いった~い!」と叫んでしまいました。技師さんは去年と同様に「痛いよね、ごめんね~」と。

その技師さんに、聞いておきたいことがあったので、マンモが終わったあとにちょっとだけお話させてもらいました。それは去年の初診のとき、一度マンモを撮影したあと、もう一度撮り直しをさせてほしいと言われたからです。「あのとき、撮り直しをさせてくださいと言われたのは、もしかして最初の画像で『これは乳がんだ』とわかったからなんですか?」と。

すると「20代とか30代の人の場合は、どうしても乳腺が発達しているから、画像がうまく撮れないことがあるの。そういうときとか『これはちょっと怪しいかも?』っていうときに、主治医が見やすいようにその部分だけ、もう一度撮り直しさせてもらうことがあるんですよ」との返事。

う~ん、そうだったのか!この話を早速妹にしてみたところ「患者さんに聞かれて『ええー、そりゃあもう、画像を見て一目でわかりましたよ』なんて、医師よりも先に答える技師さんは、やばいだろう」と。「だから、その技師さんの回答はとても無難な答えだと思う」とも。それもそうだなとようやく納得しました。

« 雑誌「AERA」に載りました | Main | 1年前の明日 »

「乳がん」カテゴリの記事

Comments

ななこさん、こんにちは。
今年の2月くらいに一度書き込ませてもらいました。
病気は違いますが、4月に手術→リハビリをして今はパート形態で少しずつ仕事に復帰しています。
なかなか体力が戻らず苦難の道です…

私は病気になってから周りが変わったと同時に自分も変わってしまっているなぁと思います。
私生活も色々あって、なかなか前向きになれず自分にも自信がもてず、漠然としたでも大きな不安に襲われています…

でもここにこさせてもらうと、どんな状況も受け止めておられるななこさんの姿からいつも力をもらって、「もうちょっと頑張ってみよう」「大丈夫だ」って気持ちが少し沸いてきます。
ありがとうの気持ちを込めて、書き込ませてもらいました。
いつも楽しみにしています。

kozuさん、こんにちは。
また書き込みいただけて嬉しいです。
ありがとうございます。

手術する前のあとでは
同じ自分の体なのに
どこか以前とは違う感じがするものですよね。

今はお仕事に復帰されているとのこと。
なかなか体力も戻らずはがゆい思いをされていることと思いますが
焦らずにご自分のペースを見つけてくださいね。

私はこれから精密検査になりますが、結果がわかるまでまだ3週間くらいあるので
その間は何とも気持ちが落ち着きません。

>私は病気になってから周りが変わったと同時に
>自分も変わってしまっているなぁと思います。

よくわかります。私もそうです。
誰かと何か話すにしても
病気の話題が口をつかない日はありません。
できるだけ忘れて過ごしたいと思ってもまだ無理なんです。

私は、本来あまり前向きな人ではありません。
でもここのブログに書くことによって気持ちを吐き出して
それに対してのレスをいただけるととても励みになるので
それで「よし、また明日から頑張ろう」と思えるんです。
こちらこそ、ありがとうございます(^-^)


Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/7149176

Listed below are links to weblogs that reference 1年ぶりのマンモグラフィー:

« 雑誌「AERA」に載りました | Main | 1年前の明日 »