管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 忙しくしています | Main | 休職期間もあとわずか »

November 30, 2005

まずは一安心

今日は朝から病院へ行って、放射線科の診察があったり、午後は胸部と腹部のCT撮影があってほぼ1日がかりだったので、なんだか疲れてしまいました。どうも病院が近づいてくると拒絶反応が・・・。入り口へ一歩足を踏み入れると、それまで何ともなかったのにちょっと気持ち悪くなってくるんです。化学療法のときなんて特にそうだったので、たぶん体がそのことを覚えているんでしょうね。

久々の放射線科は今日もけっこう混んでいました。いつもはあまり質問もしないので、あっさり診察が終わるのですが、今日は不安に思っていることを聞いておきたいと思ったので、いつもよりも時間をかけて診察していただきました。

(別館サイトには書いたのですが)おとといお風呂に入っているとき、右脇腹の上のあたり(乳房の下付近)に怪しげなしこりを発見してしまいました。一瞬(え?)と固まり、次の瞬間(手術したのは左なのに、なんで右に怪しいものが出てくるのよ~。)と泣きたい気分に・・・。しこりのあるあたりを鏡に映して見てみると、ちょっとだけ凸ボコッと、他の場所に比べて出ているような気がして、ますますへこみそうになりつつも(これはあさって病院へ行ったら診てもらおう!)と思っていました。

そして今日の診察の結果・・・。結論から言うと大丈夫だったのですが、そのときのやりとりを書きます。「先生、右のこのあたりに変なしこりっぽいのがあるんです。」「いつ気が付きましたか?」「おととい、お風呂に入っているときに気が付きました」「ちょっと診せてください(と言って、その問題の箇所を触診されました)・・・う~ん、やわらかくてプリプリしているから、悪性ではないと思うけど・・・7月に放射線治療をするときに撮ったCT画像があるから、それに写ってないか見てみましょう」「はい、お願いします」

電子カルテを開くと、私のCTの画像が何枚も出てきました。(おー、これが輪切り状態の私の体なのね。でもどこが何なのか全然わからない)と思っていると、主治医が「あ、これ(しこり)は7月からありましたね」「えっ!?」画像を見ると、確かに1箇所黒くて丸いものが写っています。「先生、この黒いのは・・・」「境界線が明瞭だから、これは良性のもので脂肪腫です」「は~、脂肪ですか。」「でもごくまれに、脂肪の中に肉腫といって悪性化したものが含まれていることもあります」「えっ・・・」「でもそれは本当に『ごくまれに』ということで、我々医者でもそういったケースには滅多にあたりません。」

そして次は胸部のCT画像。すると主治医が「CTを撮らなかったら一生気付かなかったケースだと思うけど、胸部にも良性の腫瘍がありますね」「はっ!?」「ほら、ここ・・・。この部分が大動脈なんだけど、その近くに小さいけど腫瘍があるんですね。これは『胸線腫』といいます。」「それは悪性化することはありますか?」「どんな良性の腫瘍も本当にごくまれに悪性化してしまうケースがあるんだけど、さっきの脂肪腫と同じで、この胸線腫もしこりの周囲の境界線が明瞭だから、全く悪性の所見は見られません。安心してください。」「あぁ~よかったです。去年病気をしてから体のちょっとした異変にも敏感になっているんです」

乳腺外科で、腫瘍マーカーが上がりだしたと言われたことを放射線科の主治医に話したら「原因不明で上がることもあるし、経過観察している間に下がってしまう人もいる」と、慰められてしまいました。でも、とにもかくにも、今日撮ったCTの結果で、ある程度のことはわかるだろうから、それまではジタバタしても仕方ないと思っています。

ところで「次回はいつにしますか?」と、放射線科の次の予約のことを聞かれたのですが、「それが先生、乳腺外科の主治医が別の病院に移ることになったんですけど、私も一緒に転院するかどうかはこれから相談して決めることになっているんです。でも今まで○○先生(←放射線科の主治医の名前)に診てもらってきたので、できればこれからも○○先生に診ていただきたいんですけど・・・」と言うと「乳腺外科の○○先生の話は置いておいて、それでは放射線科は放射線科で予約を入れておきましょう」ということになりました。放射線科については、今後は3ヶ月に1回でいいそうなので、次回の予約は2月です。

でも実際のところ、どうなんだろう?乳腺外科は主治医が転院してしまうので、私も今の病院から別の某私立大学付属病院へ。放射線科と婦人科は、今の病院にこのまま通う・・・というケースもありなんだろうか?放射線科の主治医も、婦人科の主治医も、ひょうひょうとしていて聞きやすいし、せっかく慣れてきたところなので変わりたくないのよね~。本当は3つとも同じ病院のほうが連携がとれるからいいのかもしれないけど。

« 忙しくしています | Main | 休職期間もあとわずか »

「乳がん」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ななこさん、こんばんは、
病院、お疲れ様でした。
右側のしこり、大丈夫そうでよかったですね~
ホント、よかった、少し安心しました。

CTの結果がでるまで、まだ心配は残りますが、
ジタバタしても仕方ないですよね。
でも、きっと大丈夫!!

転院も悩みますね。
私も今の主治医が別の病院に移るならついて行くかもな~って思います。

sakuraさん、こんにちは。

もう12月に入りましたね。早い、早い!
いよいよ来週、CTの結果がわかるのですが
よくよく考えてみたら、私の休職生活もあとわずか・・・。
どんなに遅くとも(今の会社を辞めない限りは)年明けからは仕事を再開することになります。
今はそのイメージをふくらませているので
この頃は頭の中が仕事モードになりつつあります。

転院については、やはり乳腺外科だけ主治医のあとを追っかけていく形にして
放射線科と婦人科は今の病院で診てもらおうかなと思っています。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/7399836

Listed below are links to weblogs that reference まずは一安心:

« 忙しくしています | Main | 休職期間もあとわずか »