管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 乳がん検診のススメ | Main | 気持ちの谷間 »

October 05, 2005

決断の時期

昨日は放射線科の診察でした。病院の地下にある、放射線科への暗~い廊下を通るのがとても苦手なのですが、なんとか行って来ました。待合室では年配の患者さんが多く、私がその中に入っていくとひと際目立ってしまいます。内心いつも(そんなにジロジロ見るな~!)と叫んでいるのですが・・・。患者さん本人よりも、付き添いできている家族が私と同じくらいの年齢の人なので、そんなときはちょっといたたまれない気持ちになります。

放射線治療が終わって1ヶ月ほど経ったので、きのうは「患部を診せて」と言われるかと思いましたがそれは言われず「何か変わったことはありますか?」と聞かれました。「赤味はだいぶとれてきましたが、術側がたまに突っ張ったり、左腕の二の腕の感覚がありません。これは手術の影響ですか、それとも放射線治療の影響ですか?」とたずねたら「その両方ですね。リンパもいじってるから、どうしてもそういう後遺症は残ります。」というお返事。

次に「髪の毛はどのくらい伸びてきましたか?」という質問。「まだ1センチ弱です。なかなか伸びなくて~・・・。」「タキサン系をやったあとはなかなか伸びないからね。」「はあ~・・・ですよね・・・。」「最近ホット・フラッシュはどうですか?」「しょっちゅうあります。今日も電車に乗っているときに、汗が吹き出してきました。」「それは何分くらい続きましたか?」「3分くらいです。額とか、とにかくすごい汗なんです。」・・・それについては、先生のお答えなし。(ん?何のための質問だったんだ???)

「今後の放射線科診察は、2~3ヶ月に1度でいいので、年末くらいに予約を入れましょうか・・・と思ったけど、11月末に術後1年検診(エコー、マンモ、レントゲン撮影)が入ってるんですね。そのときにまた診察しましょうか。」「はい、よろしくお願いします。」「他に何か聞いておきたいことはありますか?」「先生、仕事を再開する前に海外へ行ってこようと思うんですけど、何か気をつけることとかありますか?」「特にないですよ。それに旅行に行くのは気晴らしになるからいいことです。」「そうですか、よかった。年内には働き始めようと思っているので、今のうちに旅行へ行こうと思ったんです。」「じゃあ、次回は11月に。」「はい、よろしくお願いします。」これで診察修了。

今度は来週、また通院日があって、その日は乳腺外科の診察とリュープリン注射があります。久々の採血があるからちょっと緊張します。このところ毎回失敗されているから、今度は「一発でとれる人をお願いします」と逆指名しようと思ってます。

仕事のことについては、この1年近く本当に悩んできました。これからは、体に優しい働き方をするべきなのではないか・・・とか、今の職場に戻ったら、またどこかで病気が悪さをするんじゃないか・・・とか不安は尽きません。ですが、このところいろいろ考えることもあり、1度は復職して働きながら様子を見るのも悪くないかな?と思い始めています。

その理由は、病気のことを周りが知ってくれている職場だからこそ、勤務時間や休みの融通が利きそうなことと、1年も休んでいる間に、職場は数回の人事異動があり、メンバーもガラッと入れ替わっているので、意外と新しい会社に入った気分で仕事ができるんじゃないかな、と思うからです。そして実際に働き始めたら、様子を見つつ、心の中で(半年間頑張った。このあとはどうする?続ける?辞める?)と、その都度決めていけばいいのでは?と思うようになりました。でもこんな大病をしても、退職の決断をしない人が、復職して一旦働きだしたらまた何年も働いてしまいそうで、そっちのほうが怖いかも(^_^.) 

« 乳がん検診のススメ | Main | 気持ちの谷間 »

「乳がん」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ななこさん、こんばんは。トマトです。

ななこさんのお仕事のお話、去年の自分を見ているようです。
私は、休職中ずっと悩んでいましたね。
私の場合は、結局退職しました。今、思ってもそれ良い答えだったのかどうかは自分自身わからないです。
ななこさんも復帰すれば感じると思いますが、最初の一ヶ月はちょっとしんどいかもしれませんがそれ以降は以前と同じく仕事できます。
私は、前の会社で10~12時まで仕事をしてる日もかなり多く土日出勤もしたことあります。
今もその生活をしようと思えばできなくはないっていうのが答えです。
今の職場はほとんど定時に変えれるし、遅くても8時には帰れます。
派遣社員で嫌な部分もありますが、その点は良い部分ではないかと思っています。
ななこさんの書かれているように、元の職場の状況が変わっているんであれば、復帰してみるのも良いと私は思います。
私の場合は人間関係が元々悪かったから、その点がかなりのネックになったのも正直あります。
でも、本当に人間道は開かれます。
ななこさんに前向きな気持ちがあれば絶対良い方向に流れていきますよ、絶対。
ななこさん、ファイト!!!
本当に応援してますよ!!!

今晩は
まず、私の勝手ながら、ウソのメルアド記入してます。すいません。以前他の掲示板で迷惑メール受けた事が有るものですから、お許し下さい。不特定多数にメルアド公開したく無いので。

私は四十代なので、ガン宣言して→同情かいまくって→休み取りやすくしよう、残業拒否しやすくしよう、ストレスたまりそうな仕事はパスできる様にしよう、
・・・・と下心ありありで復職しました。

1)重い物持てない事は周りが知っている。
2)お昼にカロリー高そうなお菓子が回ってきても、食事制限してるのでパス・・・とはっきり言える。
3)ホットフラッシュが来た時、凍らしたお茶を持参しており、す~ぅっと物陰で飲む事を回りに了解してもらっている。

でも、年なので短時間パートに変更しました。
私の場合は今までリューマチみたいな症状が有ったのですが、時間を短くしたらほとんど症状が無くなり、過労状態だったのだと改めて感じました。だからもし復職しても、体が疲れていると感じたら、働き方を変えてみる方が良いかもしれませんね。

ななこさん、
こんばんは
復職の件は懸命な判断ではないかと思います。
退職はいつでもできるし、正社員の座を簡単に捨てるのはもったいないような気が・・・。
契約社員は待遇がかなり違うしやはり不安定だから。

病気は別に悪いことをしたわけじゃないのだから、正々堂々と復帰して、凛としていて下さい。
周囲もそんな姿勢にきっと理解してくれると思います。

話変わりますが、旅行は本当にいいみたいですよ。病は気からといいますが、いい気分転換になります。異国の空気を思い切り吸って、気分転換して来て下さいね。海外、いいな~!

髪の毛はかつらがぬげるようになるまで約半年かかりましたが、伸びはじめると早いですよ。
春には、そよ風になびく自毛デビューを目指してがんばって下さいね。


トマトさんへ

仕事の事はこの1年間ずっと悩みっぱなしでした。
昨年ふいに発病がわかり、あれよあれよという間に休職・・・。周囲には「治療が終わったらまた働きたいと思ってます。よろしくお願いします。」と言って休職に入りました。

抗がん剤をやって髪の毛が抜け始めた頃
(化学療法が終わって、職場に戻れる時期がきてもまだ髪の毛が自毛じゃない。
かつらで会社に行きたくない!!!)と強く思い始めました。

でも今は髪の毛がまだ1センチしかないにしても
完全な坊主ではないわけだし、自分の中で少しずつ気持ちが変わってきました。

以前の自分の髪型とそっくりのかつらが手に入ったことも、職場に戻ってもいいかな~と思った要因の1つです。

体の副作用は、今はホルモン療法のホットフラッシュくらいですが、自分の気持ち(=心)はなかなか元気にならなくてここまできてしまいました。

ところで復職してからの1ヶ月くらいはやはりしんどいのですね。
やっぱり会社に行ってフルで働くとなると
拘束時間も長いし、以前のペースに慣れるまでは大変ですよね。

私の会社は今の時期(9~11月くらい)が一番忙しい時期なんです。
さすがにこの時期に復職するのはちょっと怖いので、あと2ヶ月くらい休んで、それから復職しようかなと思っています。

栃木の猫さんへ

こんにちは、お久しぶりです。
メルアドの件は気にしないでください。
私もネット上で公開しているアドレスは「捨てアド」というか、いつでも変更可能なものにしています^^;

復職については本当に本当に悩みました。
今でも悩んでいるくらいです。
でも治療が終わって復職する人間に対して
おかしな言動をする人とか、いそうかな~?と
考えてもあまりそういう人が浮かんでこなかったのです。

私は(妹からよく言われるのですが)周りを気にするタイプなので「いろいろと気にしすぎ!」と言われています。
だから私自身が平然とした態度でいれば、周りも必要以上に詮索してきたりしないんじゃないかと思っています。
もちろん、私の病名を知っている人も何人かいますが、そういう人は私が休職している間も手紙をくれたりして、随分励まされてきました。

でも…復職しようかと思った一番の決定打は
会社からまたまた半年分の「通勤用定期券」が送られてきたことです。
1年近く休んでいるのに、うちの会社は決して景気がいいわけではないのに、まさかまた半年分(この10月~来年の4月までの分です)が送られてくるとは思いもよりませんでした。

この定期券があるおかげで病院までの通院費もわずかしかかかりませんし、都内へ出かけるときも交通費がかかりません。

私は千葉の田舎の方に住んでいますので、定期券がなくなったら行動範囲が非常に狭くなってしまうんですよ^^;

復職したら、私も以前のように何でも「はいはい」と受けるのではなくて、自分のできる範囲で、残業とか重い物を持つとか、できなさそうなことは断るつもりです。

働き始めて(やっぱりこれじゃあ大変。)と思ったらまたそのときに、その後のことを考えたいと思います。

marikoさんへ

こんにちは、実はこの日のブログを書くまで、今の会社は退職するつもりでいたので、県内の派遣会社に仮登録したりして「それでは本登録にいらしてください」というところまでいってたんです。

ですが(上で栃木の猫さんへのレスにも書きましたが)まさにその日、会社から半年分の定期券が送られてきたのを知って(休職している私にここまでしてくれるとは思わなかった。)そして(正社員として長年働いてきたからこそ、支給していただけたのかな…)と思ったら、やはり一度復職して、自分の中で納得のいく仕事をしてからその後の動向を考えようと思うようになりました。

marikoさんがおっしゃっるように、何も悪いことをしたことではないのだから、復職しても正々堂々と、凛として振舞いたいと思います。

旅行はアメリカへ行きます。たぶん向こうへ行って自分の英会話力が落ちているのを痛感するでしょうから、ますます復職しなければ・・・と思うと思うのですが、実はそれを狙っています。
私が1年休んでいる間に、職場のメンバーがすっかり入れ替わって、周囲の後輩たちは帰国子女ばかりになりました。そんな中で私のつたない英語で仕事をするのはちょっと恥ずかしい気もするのですが「職場で使う英会話」の本を2冊買ったので、戻るまでにそれで復習しておこうと思っています。

髪の毛は…まだとても短いのですが、あと半年くらいしたらきっと伸びて風になびくようになるのですね。楽しみです!!!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/6268043

Listed below are links to weblogs that reference 決断の時期:

« 乳がん検診のススメ | Main | 気持ちの谷間 »