管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 体中の毛という毛が成長中です | Main | なぜ病気になったのか? »

September 13, 2005

幼なじみの結婚式で思ったこと

幼なじみの結婚披露宴に出席して感じたことなど綴ってみたいと思います。親族紹介のときのことです。新郎側の親族はなんと2人だけでした。それもお母さんと妹さん。かたや新婦側は20人近い親族がいました。今まで片側の親族がそんなに少ない披露宴に出たことがなかったので、正直かなり驚いてしまったのですが、わざわざ『さくら』を立てたりしないあたりはいかにも彼女らしいなと思いました。過去に出席した披露宴の新婦は「相手方と自分方の親族の数や、招待客の数がアンバランス!」と言い、ほとんど付き合いのない人にまで数合わせのために招待状を発送したケースを何度も見てきたので、余計にそう感じたのかもしれません。

それから、チャペルでの式の最中に驚いたこと。新婦側の列席者の中に、赤ちゃんを連れてきている人がいました。厳粛なムードの中、神父様が新郎と新婦にお祈りの言葉を捧げようとしたまさにそのとき、赤ちゃんが「う、うえ~ん!!!」とものすごく大きな声で大泣き。しかしここでも全く動じない新婦。彼女の姿がとても神々しく見えました。

人生の一大事のときこそ、その人の本性がよく表れると思うのですが、例えば去年結婚した別の新婦の場合、学生時代からの親友を招待したところ「当日は赤ちゃんも連れて行く」との返事。赤ちゃんを連れてこられて、式や披露宴の最中に大泣きされて、私の大事なお式をぶち壊されては大変と焦った新婦は、やんわりと「赤ちゃんは連れてこないで、ベビーシッターとかに預けるとかにしてください・・・」と相手に伝えたところ「まだ小さいから、赤ちゃんを預けるなんて無理。預けろというのならそのベビーシッター代はそっちで負担してください」と言ったものだから、せっかくのお祝い事だというのに大揉めにもめて。新婦も新婦でなぜか(お金がカツカツでベビーシッター代は負担したくないので)「なんとか自分達の親(祖父母)に預けるとかできないのか」なんて言ったものだから、今度はその親友のだんな様まで出てきて「当日は自分も一緒に行く」と。新婦としては自分の親友一人を招待したはずなのに、結果的には一家(親友+親友のだんな様+赤ちゃん)でご招待することに・・・。挙句の果てにお祝儀は一家で一万円だったという笑えないオチまでついていました

新婦にしてみれば(おそらくは一生に一度であろうと思われる)結婚式や披露宴で、他人の赤ちゃんに「うぎゃー」なんて泣かれたら、たまらない心境になってしまうのでしょう。でも招待される側のゲストにしてみれば、自分達の宝物である赤ちゃんを「泣いたら式がぶち壊しになるから、連れてこないで誰かに預けて。ただしその分は実費で。」なんて言われたら、そりゃあ喧嘩にもなるだろうなあ・・・と思いました。もし私だったら、どうしても赤ちゃんを連れてくるのをご遠慮いただきたい場合は、ベビーシッター代は自腹を切るけどね。今回のように、花嫁さんの「心」に余裕がある場合、見ていて本当に気持ちがいいなと思いました。

« 体中の毛という毛が成長中です | Main | なぜ病気になったのか? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

結婚というのは、基本的にはその後こどもを授かることを前提にしているものだと思っています。

であるからして、その結婚式の最中に、
こどもが泣き出すことは、むしろ縁起がいいことだと考えますけどねー。

世間はそうは考えないのですか???
知りませんでした。

ななこさんへ
うーん。やっぱり結婚式に乳飲み子を
連れて行くのは非常識だと思います。
列席するにしても後方に座り、赤ちゃんが
ぐずりそうなら外に出るのがマナーでは
と私は思うな~
私の結婚式の時は、赤ちゃんのいる友人に
「ベビーシッターをこちらでお願いするから来てね」、っというと、
ご主人が子供とお留守番してくれました。
いくら大事なわが子でも、よそ様の一大事の時は
遠慮するのが普通ではないかな?

当の新郎新婦は、式の最中は、緊張してたり、
幸せいっぱいだから、気にはなるけど、
まぁ~いいかって思ちゃう人が多いかも?
でも親族にうるさい人がいると、大変だと
思います~

つづきさん、こんにちは。

今回書いたブログの新婦のように
「赤ちゃんに泣かれたら、式が台無しになる!」
って考えている人もいるので
こればかりは「私の結婚式なんだから、粗相があっては大変。やばそうなものは排除」というタイプか
それとも「(ゲストがどのような状況であっても)出席してもらえるだけで幸せ。赤ちゃん連れでも、もちろんウェルカム!」なタイプかで分かれるんでしょうねぇ…。

もし赤ちゃんのことで揉めてなかったから
お祝儀は3万円X2人分包んでもらえていたんでしょうか?^^;

この招待客、できちゃった結婚で自分達の披露宴はあとからだったのですが、自分達のときは2人で1万円だったのに、この新郎新婦を呼ぶときには「ちゃんと6万包んでね」と言ったそうです。
あ、ありえない…。
非常識な人というのはどこまでも非常識なんですかねぇ…?(謎)

sakuraさんへ

乳飲み子を連れてくる友人…。
やっぱり普通は招待された時点で、式には連れて行かない、とかそのときだけベビーシッターに任せる…とかですよね。

以前、別の披露宴で、やはり乳飲み子のいる友人と一緒に出席したときは
ご主人が披露宴会場のすぐ近くに赤ちゃんと待機していて
何かあったら、母親を会場から呼び出す…という方式をとっていました。

今回ブログに書いた知り合いのケースの場合は
双方に思いやりが足りなくて、揉めに揉める最悪のパターンになってしまったのではないかな?と思いました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/5927863

Listed below are links to weblogs that reference 幼なじみの結婚式で思ったこと:

« 体中の毛という毛が成長中です | Main | なぜ病気になったのか? »