管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 『31歳ガン漂流』の著者の番組を見て | Main | 放射線治療はじまりました »

July 27, 2005

放射線科、初診

25日は放射線科、外来受診(初診)でした。いつものとおり、機械に診察券を入れて受付をしようとしたところ、いきなり診察券がはじき出されてきて「初診の手続きをしてください」というエラーが・・・(^_^.) 同じ病院内でも、診察を受ける「科」が異なれば、また初診の手続きから始めなければならないのですね。→気を取り直して、有人の窓口に並びなおして、手続きの順番を待ちました。

30分くらい待たされたあと、手続きも済んで放射線科へ行くことに。乳腺外科は新しい病棟の中にあるので、あまり病院っぽくないのですが、放射線科は古い病棟の中にあります。廊下も薄暗くて、行くまでの間はちょっと「何か出そう」な雰囲気がまた怖くて。受付も、そこだけ時間が止まったような古臭いところで、なんだか古時計の「ボーン、ボーン」という音でも聞こえてきそうな感じでした。受付で、放射線科の「診察カード」を作ってもらったのですが、なんと「手書き」のカード。今って機械で作られたカードが多いのに、ちょっとびっくりでした(笑)

次に待合室に通されたのですが、そこは外から明るい陽射しも入っていたので少しホッとしました。ここまで暗かったら、これから毎日通院するのに、気分まで暗くなってしまうから・・・。待合室には若い人が何人かいて、今まであまり見かけなかっただけに、不謹慎ながらちょっとだけホッとしました。

しばらくすると、私の名前が呼ばれました。放射線の担当の主治医は、もう50代くらいの人を想像していたのですが、若い男の先生だったので(え?この人が主治医なの?)って思ったくらいでした。年の頃は40代前半くらい。

乳腺外科の主治医から預かった私のカルテを見ながら、これまでの治療歴(手術、化学療法について)を再確認されました。すると、この放射線の主治医から「ななこさん、お子さんは?」と唐突な質問。「未婚なので、子供はいません」と言ったら、「あ、そういう意味じゃなくて、将来お子さんは考えていますか?」と聞かれたので(というか、省略せずにはじめからそういう風に聞いてくれよと思いました)、「はあ。もしできればいずれは、とは考えてます」と答えると「今は生理はありますか?」「リュープリンを打ってるから、止まってます」「ノルバテックスは何年飲むように言われてますか?」「2年と言われています」
「う~ん、問題は、ななこさんは化学療法で【CEF】をやってることなんだよね。これをやっちゃうと、6~7割の人が閉経するんですよ」「・・・・・・。」「乳腺外科の先生から事前にそういうことを聞きませんでしたか?」「卵巣機能をやられるから、閉経する人もいるとは聞きました。」 

さらに「ななこさんの乳がんのしこりの大きさはどのくらいだったんですか?」と聞かれたので「3.5センチです」と言ったら「通常は3センチ以下が温存の対象なんですよね。3.5センチで温存したということは、ななこさんがそれを強く望んだということですね?」と聞かれたので「もちろん私が望んだのもありますけど、初診でがんの診断を下した医師も、主治医も、2人とも温存でいけるとおっしゃってくださったので、それで最初から全摘は考えませんでした。もし少しでも「全摘にしないとまずい」と言われていたら、全摘にしていたと思います」と答えました。すると「温存にしたということは、大体4~5人に1人の割合で、局所再発を起こします。それを防ぐために放射線をかけるわけです」と言われました。

閉経のことも、局所再発についても、治療前にリスクは聞いていました。特に化学療法(CEF)をやったら、その可能性が高いことも・・・。でも乳腺外科の主治医からは「40代後半とか50代でCEFをやったら、そのまま閉経する確率が高いけど、20代とか30代の場合は、ほとんどの人が戻ってくる」と聞いていたので、そのあたりが乳腺外科と放射線科では医師の認識が違うのかな?と思いました。それに、今さらそれを言ったところで、私はもうその治療を受けたのだし、閉経するかどうかも神のみぞ知る・・・。戻ってくると信じてますが、それもまだあと2年は先の話。今考えてもどうにもならないことです。

主治医の診察のあとは、胸のCTをとるため、検査用のベッドの上で横になり、上半身裸になったあと、放射線を当てる箇所に紫色のマジック(←まさにこんな色です)みたいなので、マーキングされました。簡単には消えないみたいですが「ゴシゴシこすって消さないでくださいね。」と注意を受けました。この日は、まだ放射線は当てず、マーキングをしたところで修了。

それで放射線治療開始は28日からにしてもらいました。開始日時はこちらの希望を考慮してもらえるのですが「27日まで予定があるので、28日からお願いします」と言ったところ、主治医から「28日から始めると、8月31日に修了です。」と言われ、思わず「よっしゃー、ピッタリ(8月に)収まったー!」と口走って、引かれてしまいました(^_^.) ピッタリになったのは、計算していたわけでもなんでもなく、ただの偶然です。

« 『31歳ガン漂流』の著者の番組を見て | Main | 放射線治療はじまりました »

「乳がん」カテゴリの記事

Comments

私も、乳がんで抗がん剤はCEFをやりました。
放射線治療もやりました。
CEFを投与した後、すぐに生理が止まってしまって、治療が終わっても、戻る気配がなかったし、主治医にも戻る確率は20%かなぁ?
でも、生理が戻らない方が再発の可能性が
低くなるし、もう、生理はあきらめてもいいんじゃないか?とまで言われました。
でも、治療が終わって5ヶ月、生理は戻りました。主治医は、あまり良い顔はしませんでしたが、私の場合、生理が止まっている間、更年期障害の症状がひどくて、つらかったので、
戻ってよかったです。
生理が戻るのは、神のみぞ知る・・ですが、
戻ってくると思いますよ。
残りの放射線治療、頑張ってください。

こんにちは、ななこさん。

今日から放射線治療が始まったのですね。

私も紫のペンで印、書かれましたよ~。
お風呂はいる時とか緊張したよ「消しちゃいけないっ」って思ってたから。

8月31日終了って偶然とはいえなんかいいね。
残りの治療も頑張ってね。

みなみさん、はじめまして。

CEFをされても生理が戻ってきたというお話を聞くと本当に心強いです!

私は生理が止まってから半年以上経ったので
もうそれに慣れて、楽は楽なのですが
本来の女性の身体のリズムに反しているわけだから、やはり心配になりますね。

治療で生理を止めているとはいえ
やはり更年期は更年期。
私もホットフラッシュやら、不眠やらいろいろあります。

まだ始まったばかりですが
残りの放射線治療も頑張ります!

美香さん、こんばんは。

放射線治療2日目、初日に比べたら
またまたたくさんマーキングされてしまいました。
「土日が入るので、消えないように濃い目に書いておきます」と言われました(^_^.)
そして、お風呂に入るときも、こすらないように気をつけています。

予定どおり、ぴったり月末で終わるといいなと思っています。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/5190914

Listed below are links to weblogs that reference 放射線科、初診:

« 『31歳ガン漂流』の著者の番組を見て | Main | 放射線治療はじまりました »