管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 何事もなく・・・ | Main | 過去を捨てたい願望 »

May 10, 2005

幼なじみが結婚!

家でネットをしていたら、昨日電話をかけてきてくれた沖縄の幼なじみから1通のメールが・・・。「ななこ、治療がのびているみたいだから、どうしようかなと思ったんだけど、誘わないのも変なのでご報告です。実は今年の9月に結婚することになりました。横浜の○○ホテルです(←○の文字数は実際のホテル名とは関係ありません)。来てくれたらもちろんうれしいけど、体調が一番だから無理しないでね。こっそり目に行いまーす。都合を聞かせてください。」

昨日彼女から電話をもらったとき、なぜか(もしかして結婚が決まったのかな?)と思ったのですが、世間話ばかりでその手の話題は出なかったので(私の気のせいか・・・)と思ったのですが、予感は的中しました!昨日はそのことを報告したくて電話くれたはずなのに、きっと私に気を遣って言い出せなかったんだなと思ったので、彼女にすぐ電話をかけました。

「あ、もしもし!?ななこだけど」「あ~(照れてる感じ)」「びっくりしたよー、結婚おめでとう!何よー、昨日電話くれたときに言ってくれたらよかったのにぃ」「ごめんごめん。治療が延びてるって言ってたから、どうしようか迷っているうちに言えなかったのよー。」「横浜の○○ホテル、何度か泊まったことがあるんだけど私が大好きなホテルなの。」「ほんと?それはよかった~(^-^)」「あのホテルなら間違いないよ、横浜には他にもいろいろあるけどさ、そこに決めたと聞いてさすがだと思ったよ。」「実はさあ、相手の彼のお母さんの希望なんだよね。」「そうなの?」「一発で決まりよ。」「へえぇ。ところでお相手の彼って、確か年下だったよね?」「そう、大学の教え子だから6歳年下。」「おぉ~それはすごいし羨ましいっ(笑)これからは年下夫の時代だよ(笑)私の周り、最近は年下婚が3組続いているよ。」「それを聞いて安心した。なんか6歳も年下だと、相手のお母さんに対して立場弱いのよね~(^-^; しかもさぁ、彼は(付き合った人は)私が2人目なの。犯罪だよね~」「それは犯罪だな(笑)」「彼から『僕は君が2人目だけど、君は?』って聞かれて『3人目かな』って答えてるけど」「それはまたかなりサバ読んでるね」
「だって本当のことは言えないよ(笑)」「そうそう、年下のだんな様は持ち上げてうまく立てなきゃだめだと思うよ」「もう一緒に住んでるんだけどさ、毎日ちゃんと持ち上げてるよ」「それは偉すぎ!!!とにかく、9月のその日は這ってでも出席させてもらうよ。」「ほんとっ!?すっごく嬉しい」「その頃には化学療法も終わってるし、体調も落ち着いているはずなんだ」「でも無理しないでいいからね」「○○ちゃんのためだもん、駆けつけるよ」「私もななこの時は沖縄から駆けつけるよ」「あ~、私はそれはないから」「またまた」「とにかくよかったよ本当に。楽しみにしているよ。」「ありがとう。また連絡するね。」

実は最初、彼女からメールをもらったとき、一抹の寂しさを感じてちょっと泣いてしまったのですが、小学校からの幼なじみ、そして私が病気になってからもずっと励まし続けてくれた彼女に対しては、お祝いしたいという気持ちのほうが勝ちました。約1年ぶりに披露宴に出席します。

« 何事もなく・・・ | Main | 過去を捨てたい願望 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

はじめまして
いつも素直な心を綴ったプログ楽しみにしています。
病気になって得たこと、復活したのは負け犬の友達との友情かな。
あまりにも何もかもが上手くいっているときは距離があったけれど、今は、独身だろうが、バツ1だろうがみんな友達です。ありがたいことです。
お友達の幸福を素直に祝福してあげるななこさんは素敵!笑顔には良縁が必ず!!!

marikoさん、はじめまして。

コメントどうもありがとうございます。

実は私もmarikoさんのサイトによくお邪魔して
ブログを読ませていただいていました。

>いつも素直な心を綴ったプログ楽しみにしています。

そうおっしゃっていただけるととても嬉しいです。
自分の心をさらけ出し過ぎて
あとから(あちゃ~、書きすぎてしまったかしら?)
と思うこともしばしばです^^;

本当の友達ならば、お互いの状況がどんなに変わろうと
いつまでも続くのだということが、病気になってからなおさらよくわかるようになりました。

幼なじみの結婚を素直に祝福できるのは、彼女の性格や言動によるところが大きいです。今までの経験上、結婚が決まった途端に「一抜けしたわよ~」とか、上から見下すような態度に出る人が多かったのですが、彼女にはそんな態度や言動が全くありませんでした。

自分がつらい状況のときに、友達から「私は幸せ」とアピールされてダメージを受けまくりの時期もありましたが、沖縄の彼女はいつも本当に普通に接してくれて、彼女には感謝の気持ちでいっぱいなんです。

友達の結婚式で、ここまで楽しみなのは初めてです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/4069211

Listed below are links to weblogs that reference 幼なじみが結婚!:

« 何事もなく・・・ | Main | 過去を捨てたい願望 »