管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« きみによむ物語 | Main | 手紙のやりとりっていいな »

March 03, 2005

「87%」を見て・・・

きのうは皮下注射を打つためだけに病院へ行きました。以前いただいていた予約表を見ると、今回は抗がん剤を受けるわけでもないのになぜか「化学療法室」という記載が書いてあったので(あれ?)と思いながらも化学療法室へ直行。するとそこの看護師さんに「あら、おかしいですね。ここではその皮下注射は打たないので、ちょっと先生に確認してみますね」と言われたので、主治医に連絡をとり確認してもらいました。すると「ごめんなさい、化学療法室というのは先生の間違いなので、1度外科の受付まで戻ってそこの看護師に再度確認してもらえますか?」とのこと。

外科のフロアーへ行って、そこの受付の看護師の方に事情を説明すると、その受付の人は私の目ではなくどうも別の場所を見ているような気が・・・。前回と前々回のときはまだかつらをかぶっておらず、バンダナを頭に巻いてその上に髪の毛付帽子を被っていたとはいえ、前髪がありませんでした。それが今回は前髪があったので、どうもその看護師さんは私の前髪を見ながら(この人のこの髪は、かつらかしら、地毛かしら?)と明らかに思っている目でした。目は口ほどに物を言うって本当だなと思いました。というか思わず「どこ見てんのよ~!!!」と本人に突っ込みを入れたくなってしまいましたが・・・。

今回は医師ではなく看護師さんに注射を打ってもらいましたが、いつもは痛い注射が今回は全然痛くありませんでした。最初は私よりも若い看護師さんで(この人で大丈夫かなあ?)と内心ちょっと心配だったのですが、とんでもない!次回以降もその看護師さんに注射してほしいくらいでした。

ところで毎週見ているドラマ「87%」。ドラマを見るたびに自分と重ね合わせて、心を痛めている方もいるのかもしれませんが、私にはやはりドラマにしか見えなくなってきました。正しい部分もあるのでしょうが「その展開はありえな~い!!!」というのがかなり多いので。私の仕事は「姉さん、事件です!」で有名だったあのドラマと同じ仕事で、よく人から「ななこさんの職場は華やかで楽しそうですね!いつもドラマ見てます!」なんて言われていたものですが、あまりにもいろいろな人からそう言われたので、どれ1度見てみるかと思ってみたそのドラマは、笑っちゃうくらい「実際にはあり得ない、まさにドラマの世界だね」という感想しか持てなかったので、「87%」に関しても(最初は異常なくらいに神経過敏になっていたけど)今はそうでもなくなりました。

ただ昨日の話の中で1つだけ妙に共感したのは、主人公が勤めるキラキラ生保の所長が、主人公の病気を理由に退職を促したあとからの部分。主人公が「好きで病院に通っているわけではありません。子供もいるし生活がかかっているんです。ここを辞めたら私はどうなるんですか?」みたいに所長に詰め寄ったとき「それなら、ご結婚でもされたらいかがですか?どなたかいらっしゃらないんですか?」と言ったくだりです。

このままでいくとモっくんとくっつくという単純な設定かと思っていたら(それじゃあミエミエでつまらないのですが)
まさか所長自身が主人公にプロポーズするなんて・・・。いくらドラマを盛り上げたいからって、何じゃそりゃ~と思いましたが、でも主人公のアキコのような状態(シングルマザー&年齢35歳前後?&会社をリストラされた)になったときに「贅沢はさせられないけど、あなたとあなたのお子さんを養うくらいの甲斐性はあるつもりです」なんて言ってくれる男性が現れたら、その条件に乗ってしまう女性もいると思うのです。相手への気持ちは?愛情は?とはもちろん思うけど、自分と子供が生きていくためにそれもアリと考える人もいると思うのよね。

今週末、友人(とはもう言いづらいのですが)のBちゃんがついに地元新潟で結婚します。彼女は常々「職場の○○さん(→独身のまま定年を迎えた女性や、40歳過ぎてもシングルの女性)のようには絶対になりたくない!」と言っていました。そして「私のお見合い相手はちゃんと養ってくれそう。もうこれで苦労しなくていいんだわ。」と言ってるのを聞いていたので、彼女が相手の顔が嫌で結婚を迷っているという話をされたときも(そうは言っても、彼女はこの結婚を決めるに違いない)と思っていたら本当に決めたので、そういう生き方も否定はできないなと思ったものです。最近になり彼女のお相手が地元の名士の息子さんだということもわかって、なおさらそう思うようになりました。とはいえ、ドラマのアキコには所長とは結婚せずにモッくん演じる黒木先生と結婚してほしいなあ。ドラマだからこそ、ドラマでしか起きないことを貫いて欲しい(笑)現実だったら、9割方の女性が所長との結婚を選ぶんじゃないかな?もちろんBちゃんが「生活の安定&経済的な保障」が理由というだけで結婚するわけではないことは百も承知ですが、昨日のドラマを見ていてそんなことを考えました。大体、こんなこと書いてる私だって、悲しいかな、いざアキコと同じ状況になったら同じ選択をする可能性が高いし、結婚しないまでも大いに悩むと思う(^^;; 

今日はひな祭りだったので、お雛様とお内裏様をピアノの上に飾りました。私が生まれたときに両親が買ってくれたものです。後ろに写っているプーさんやキティちゃんは妹の趣味です(汗)

ohinasama

最後に、本日ようやく例の生命保険会社から振込みがありました。実に3ヶ月かかりました。ここのブログで一連のことをアップしていこうと思っていましたが、文章の量が膨大になりそうなので、もう1つの楽天のHP「ななこのくつろぎカフェ」の一番左側のサイドバー(フリーページ)のところに、少しずついきさつをアップしていっています。全てをアップするまでにはまだもう少し時間がかかりますがよろしければご覧ください。

« きみによむ物語 | Main | 手紙のやりとりっていいな »

「乳がん」カテゴリの記事

「医療保険・生命保険」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

ななこさん、こんばんは。

87%は、私も所詮はドラマって思っています。
私的に頭にきた部分は、17歳で乳がんになり今再発治療中の少女(ひとみちゃん)の事でしょうか。
実際に、私の知る限りでも17歳で発症した子はいますが、術後3年目で再建もして元気にしてます。
ドラマの話題性だけのために、若い患者を登場させ、まして病状を重くして、次回の放送あたりで乳がんで亡くなる設定みたいな所が嫌です。

ここからは、わたくしごと。
昨日、正式に休職中の会社を退職することが決まりました。
私の事を考慮してか、退職手続きはすべて郵送で良いと言われましたので、もう会社には行きません。
今日も派遣の登録会に行って来ましたが、営業の人がとても親切で好感を持ちました。
派遣で感じた事は、本当にお仕事ってあるんだな~って事で、ななこさんも大学に行ったあと就職されても全然大丈夫ですよ、きっと!!
紹介派遣も多いですし、即紹介した仕事と自分の条件が合えば、あとは面接してすぐに働けますから、私なんか、「4月からならもっと登録会に来るのゆっくりでも良かったのに」と言われました(笑)

○トマトさん

こんばんは。
「87%」の17歳の患者の設定は
確かに私も(それってあり得るの?)と半信半疑で見ていました。
それと主人公アキコの副作用がどう見ても軽すぎのような気が…。
私の病気を知っている人があのドラマを見たら
(思ったより軽そうじゃない!)と思ってると思います。

どうでもいいところは重たく描いて
本来はもっとしっかり表現してほしいところを
軽く流されすぎてると思います。

先週はその17歳の乳がん患者が
かつらをとって、坊主頭を見せるシーンがありましたが
あれはやりすぎだろうと、部屋で見ているときに
1人で泣いてしまいました。
坊主頭に慣れたとはいえ、あのシーンは実際にはまだきつすぎるんですよね。
それでもついつい気になって見てしまうのですが…。

ところで退職をされることが正式に決まったのですね。
退職手続きが郵送であれば、気が楽で助かりますね。

派遣会社が感じの良い人が多いようで
よかったですね!
お仕事がたくさんあると目移りしてしまいますね。

私、もともと転職サイトや派遣のサイトを見てまわるのが
趣味みたいなところがあるので
自分の希望に近い仕事や会社の求人情報を見つけると
(この会社に入れたらどんな感じなのかしら?)と妄想にふけったりすることがあります。
なんだかアブナイ人みたいですが…^^;

今は紹介派遣も増えてきているようなので
正社員を目指すのであれば、紹介派遣はとてもいい制度だと思います。

私は今の会社を辞めるタイミングをずっと逃し続けていたのですが、派遣だともしその会社で働く気がないなら更新を延長しなければいいので、正社員のときよりもむしろ気持ちを引き締めて働けそうな気がします。

私、同じ職場、同じ部署、同じ上司の元で12年働いてきたので、そろそろ別の職場を見てみたいという気持ちが大きいんですよ~。

テディからメールしていたなおなおです。今日はこっちに書かせてください。ドラマ「87%」のプロポーズのことですが、私なら剣崎さんにほだされる可能性大です。私は3年前に再婚して、もうすぐ養われる身になってしまいますが、20年間思い切り仕事をしたので、仕事については思い残すことはありません。でも、男性ならいくら病気になったからって、仕事を辞められませんよね。また、一番企業の方が辞めさせられたり、居づらくなったりする中で、公務員の私は自ら辞めるなんて、勿体ないと言われても仕方ないと思います。でも、仕事を復活したら、私の場合、多忙のため、ストレスと食生活の乱れと運動不足が必ずや襲ってきて、また不調になること間違い無しですから。落ち着いたら、非常勤講師をやろうと思っています。
40才過ぎると、生活の安定と言うよりも、やはり、生活のパートナーがほしくなりますよ。そんなんで、黒木先生みたいに過去とか義理の親とかのしがらみのある人は、結構大変だと思うのです。荷物は少ない方がいいというのは、年を取った証拠かも。

○なおなおさん

こちらにもコメントいただき、どうもありがとうございます!

あのドラマを見て何日か経ち、その後なおなおさんのコメントを読ませていただいて
私もやはり、あの所長(剣崎さんという名字を忘れてました^^;)のプロポーズを受けるだろうなと思いました。黒木先生を選べたら理想ですが、やはり「過去」が重すぎる気がします。

女性が20年間仕事をするのは大変なことだと思います。私はまだ12年ですが、それでも働いているときはヒーヒー言ってました。

私ももし今の職場に復職したら、ストレスと食生活の乱れは避けては通れないと思います。
実際、入社して体重がかなり増えましたから…。
休職したら少しは体重が落ちるかと期待していたのに全然落ちず、それはそれでいいことなのかもしれませんが、複雑な気持ちです。

仕事も重要なことかもしれませんが
やはり体が資本になってくるので
自分の体調や体力に見合った仕事を
していけたらと思っています。


医療保険・がん保険の詳しい資料のご請求は「ほけんの窓口」で。
FPによる無料電話相談を実施しています!ぜひご利用ください。
ご来訪お待ちしております。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/3160745

Listed below are links to weblogs that reference 「87%」を見て・・・:

« きみによむ物語 | Main | 手紙のやりとりっていいな »