管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 働きたいという気持ち | Main | これもプラスに考えよう »

January 11, 2005

勘弁して!あのCM!

私は皇室関係の番組が好きなので
今日は夜9時から、日テレの特番を見ていました。
いい気分で見ていたら、途中で例の「87% - 私の5年生存率」のCMが入った。
全く勘弁してほしいと思ってしまいます。

告知の日以来、病気のことが頭を離れたことは1度もない。
日頃はあまりテレビも見ないので
今日はかなり楽しみに思いながら見ていたのに
CMになった途端に「○○さんは早期の乳がんです」
なんてセリフが聞こえてきて一気に気分が悪くなってしまった。

テレビ局としては衝撃的なタイトルをつけたほうが
視聴者の注目を集めると思ったのだと思うけど
あそこまで付けるんだから
見る人に誤解を与えるようなドラマの進行はやめてほしい。
モッ君自体は結構好きなので、あのドラマ、あのタイトルじゃなかったら
きっと毎週楽しみにして見てたのに…と思うと残念です。

私の病気がわかったとき
「切ったら治る」みたいに私に言ってきた人がいました。
もちろん励ますつもりで言ってくれているのはよくわかるのですが
「切ったら治る」ような簡単な病気でないことは
私が22歳のときに、バイト先で親しくしていた1歳年上の先輩が
同じ病気で亡くなっているので、すでに知っていました。

それでなくても、ちょっとした言葉に敏感になっています。
別に何があったというわけでもないのですが。
気のせいか胃のあたりも気持ち悪いというか、重い感じ・・・。
副作用じゃなくて心の問題なのかな?

ずっと家にいても気持ちが沈みがちになるので
少しずつ外出して体を動かすよう心がけています。
体だけじゃなくて、心まで病気になったら困ってしまうよ~。
このもやもやはどうしたらいいのかな?

体を一時的に閉経状態にもっていってるわけなので
その副作用なのかもしれないけど。
ただ主治医から、あと1回だけは生理がきてしまうかもしれないと言われています。
先日、生理を止める注射を打ちましたが
その打った日は、体はすでに次の生理を起こす準備に
入っていると言われたからです。
女性の体はいろいろややこしいのね~。

今日は手術した側の左腕がちょっとしびれているし
胸も突っ張っているし、体のことがずっと気になった1日でした。
あ、あと髪の毛については・・・7割残ってます。
「ワカメちゃん」みたいな感じです。

« 働きたいという気持ち | Main | これもプラスに考えよう »

「乳がん」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

私は医療モノのドラマが好きでよく見る方ですが、確かに当事者(患者やその家族)からしたらたまらないだろうなあという気もします。

テレビ局からすればインパクトがあるタイトルの方がいいわけで、それがイヤだという人のことは考えていないのでしょう。

もちろん、逆に立場を理解してもらうためにどんどん放送してほしい、という考えの当事者もいらっしゃるかもしれません。

テレビ局や新聞に投書されてみてはいかがでしょうか?テレビ局は当てにできませんが、新聞だったら可能性はありますよ。テレビ番組欄の下の方にあるあれです。もし載ればここに書くより何十万倍の力がありますから。

私もあのCMを見るたびに・・・ななこさんをはじめ、こちらに訪れている治療中の皆さんのことを思って「このCMをどう思って見てるのだろう」って考えてしまいます。
ただ、つづきさんも仰る様に、CMや番組をTVで広く放送することで多くの人が検査を受けに行く気になり、早期発見につながったり、検査費・治療費が安くなったりするかもしれない訳ですから、簡単に止めてとも言い難いところなんですよね・・・。
しかし、多数の為に、個人の思いを押さえなければならないというのも納得できませんからね、やはりドラマのタイトルやCMの流し方については、ちょっと考えて欲しい気がします。
ストレスがたまってしまうのも判ります。

ななこさんも気にしてる精神の病は、実は、ストレスからすぐ発病につながっているのではなくて、ストレス→肉体の変調→発病となっている場合が多いそうです。(※脳も肉体の一部です)
気がつかない程のわずかなストレスでも蓄積されると、体や脳に変調が起こり、感情というのは結局の所は脳の化学反応、肉体的な反応だということが少しずつ解明されていますので、肉体的な変調でその反応が過剰になったり少なくなったりすると、結果として感情が暴走してしまう、それが精神の病気なんだそうです。
肉体の変調ってことは風邪などと同じ普通の病気です。ただ、症状の現れ方が感情という形でしか出ないので発見されにくく、気が付きにく、隠してしまう。
だから「精神の病気は薬で治るのだから酷くなる前に、自覚して医者の治療を受けましょう」とよく言われるそうです。
簡単に言ってしまえば脳の化学反応を抑制する薬があるので、それで押さえている間にストレスを解消して、考え方を変える事でほとんどすぐに治るということ。
精神医学や脳のしくみ解明も進歩しているのですね。

○つづきさん

コメントありがとうございます。
私も医療ものは好きな方だったのですが
今回のドラマだけは「見てられない(>_<)」です。…と言いつつ見てしまったのですが。

最初は日テレに直接抗議の電話をするか、と
思っていましたが、自分が以前クレーム処理していて思ったのですが、電話で直接訴えても
末端の社員では効果がないかな?と思ったので
新聞に投書しました。載ったら嬉しいけれど、実名で載るのはちょっと怖いですね。
たぶん見る人が見たらわかるので。って心配しすぎるところが、また私の悪い癖です(^^;


○ふみさん

昨日あのドラマを見ている間中ドキドキしていました。そんな思いをしてまで見る私もどうかしているのかもしれませんが、やはり見ずにはいられませんでした。今朝、新聞への投書も済ませたので、とりあえず自分にできることはもうやったかな?…と。

私は今まで「心が弱い人」の気持ちがよくわからなかったのですが、発病してからというもの
自分の心がグラグラと揺れ動いたり、些細なことでも動揺してしまったり…と、心が弱ると体にも変調をきたしてしまうということを、初めて知りました。

このあと体が更年期の状態に入ったら、その影響でまた心がグラついたり「うつ」の症状が出ることもあるようですが、あまり出ないことを祈るばかりです。そしてもしそういう症状が出たら、医者にかかるつもりですよ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/2535626

Listed below are links to weblogs that reference 勘弁して!あのCM!:

« 働きたいという気持ち | Main | これもプラスに考えよう »