管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 久々の・・・○○ | Main | 初公開 »

January 03, 2005

幼なじみとの再会

今日は家に幼なじみのユウが遊びに来ました。
彼女とは小学校3~6年生までの4年間同じクラスでした。
私は小学校2年生の終わりごろに東京から千葉に転校してきたので
こちらに来てからは、彼女が一番付き合いの長い友達です。

中学校も同じ学校でしたが、クラスは1度も同じにならず。
高校は、彼女は学年でもトップクラスだったので
県内でも有数の進学校に入学。
大学もこれまた有名大学に進学。
その後、数年間就職したけれど、再度勉強したいということで
大学院に進学。

彼女は小学校のときからズバ抜けて頭が良かったので
(このあとはどうするのかな~?)と思っていたら
おととしから某大学で助手をしています。
講義もいくつか担当しているそうですが
「でもね~、学生はビデオ見せるほうが喜ぶのよね~。
ま、ビデオの方が解説もうまいし、私もそれでいいや~って思って(^^;」とのこと。
かなり謙遜しているけれど、実際は論文もバシバシ発表しているみたいだし
昨年は海外出張も多かったそうで、
彼女の生き生きとした仕事ぶりを伺い知ることができました。

そのうち、お決まりの恋愛ネタに・・・。
彼女が勤める大学の院を卒業した教え子と付き合っているそうで
「え~!!!じゃあ相手は何歳なの?」
「・・・26歳(^^;」
「ひえ~、年下なんて羨ましすぎ~!!!6歳も下なの?」
「そうだけど、何で年下がいいの?」
「だって、年下だったら相手が子供っぽい態度でも(あぁ彼のほうが年下だから
仕方ないわね)って思えるじゃない!?」
「ななこの彼は何歳なの?」
「3歳上」
「じゃあ私の彼とは9歳違うのね~」
「9歳だよ、9歳!羨ましいわね~、あり得ないから(笑)」
「けどさぁ、相手は結婚は考えてないみたいなのよねぇ」
「そうなの?まぁ院を出たてで26歳となると、まだ現実味は湧かないかもね」
「でもね、彼のお母さんは『32歳の人と付き合うということは、相手はきっと結婚を
意識してると思うから』って彼にプレッシャーかけてるんだよね」
「へぇ。それならかえってよかったじゃない。」
「それでね、この年末は彼も連れて私の実家に行ったのね。
うちの両親は、昔から彼氏を家に連れてくとすぐに『結婚するの?』
とか相手を質問攻めにして大変だったから、今回は事前に『それだけは
絶対にやめてね。結婚関連の発言はしないでね。』って言っておいたのにね・・・」
「言っておいたのに、どうなったの?」
「家族みんなで、それぞれ『今年の抱負とか希望を漢字1文字で表そう』
ということになって、うちの母の順番になったときに・・・」
「うんうん」
「何て言ったと思う?何とさー、彼の前で『孫』って言ったんだよー!!!」
その瞬間、彼も含めてみんな固まっちゃってさー^^;」
「そりゃ、固まるわな~(笑)」
「よっぽど『ソフトバンクの孫社長の【孫】?』ってフォローしようかと思ったけど
『まご』って先に言われちゃってるから、今さら『そん』とも言えないしさ~」
「それは新年早々、すごいことになったね~」
「それでね、私は私で彼の実家に行ったのよ。
お父さんがいない家庭なんだけど、向こうのお母さんと
おばあちゃんと、彼の妹と・・・あとは姉妹同然に育ったという
従姉妹も同居してるから、女ばっかり4人いるところに連れて行かれて
最初はどうなることかと思ったよ~。みんなの視線が痛かった!」
「それは怖いかも(^^;」

ユウと話していておもしろいな~と思ったのは
バリキャリ組の女性というのは「私はもし彼が主夫になりたいと言ったら
喜んでそうしてもらうよ~。」という発言をすることです。
私の友達で都の職員をしていて、これまた頭脳明晰な人がいますが
彼女も以前この幼なじみとまったく同じ発言をしていました。

「だってさ、バリバリ働いて、家に帰ったらおいしいご飯が用意されていて
好きな男から『お疲れ様~』なんて言われて、肩でも揉まれたら
これ以上の幸せはないと思うけどな~。
よし、こいつのために明日も仕事頑張るか!って思うもん!」と言ってたし(笑)

この2人の共通点は「自分のほうが彼よりもかなり収入が高いこと」。
経済力のある女性はかっこいいし、私から見たらまぶしく見えるけれど
自分にそれができるか、というとたぶん無理。

また、ユウが以前「準公務員職」に就いていたときに
同じ職場の正職員(つまり公務員)同士が職場結婚。
だんなさんのたっての希望で、奥さんは公務員を退職したそうですが
そりゃまた何てもったいないことを・・・と思いました。
そのだんなさんは「結婚したら、奥さんにはずっと家にいて欲しい」というのが
口癖だったそうですが、人それぞれとはいえ、いろんな形があるんだな~と思いました。

そんなユウと私の最大の共通点は
2人とも毎回「結婚願望のない男(orなさそうな男)」と付き合ってしまうこと。
あ、私は毎回ってほど恋愛経験がないので語弊がありますが(^^;

12月末に中学校のときの大きな同窓会があり
私は参加しなかったのですが、ユウは出席したのでその感想を聞いたところ
中学のときマドンナ的存在だった美女に「私少し前に離婚したんだけど
ついこの間再婚したばかりで・・・まだ新婚一ヶ月目なの。ウフ♪」と言われたとのこと。

また、私とユウの共通の友達で、結婚式の2次会に出席した友達が
半年もしないうちに離婚。
その後、転居先もわからずどうしているのかと思ってましたが
その友達も今回の同窓会には参加したそうで
「私も再婚して、今や一児の母よー!」と言われたそうです。

ユウは「ななこ~!私って男に結婚を決意させられない何かがあるのかなー?
(私には一体何が足りないのよ~!)ってマジで落ち込んだよ(笑)」と。

私が知る限り、ユウの最近の彼氏は年下ばかりである。
社会人になりたての頃、紹介された年上の彼氏とは結婚話までいったそうですが
ユウの両親に猛反対されて、それ以降は「もう別に今すぐ結婚しなくてもいい」
というオーラを察知した相手が寄って来てしまうみたい。

ユウは「いっそのこと『同時並行』もありかな~と思うよ。
だって私、今の彼とは結婚しないと思うもん。」と言ってたけど
それは私には無理だな。
ユウも冗談だったとは思うけど、2人の男と付き合うのは無理!
だって1人でもいろいろ大変なのに(笑)

それにしても今日は楽しかった。
約2年ぶりに再会して、半日近くずっと笑い転げていました。

帰り際、ユウが「そういえば、同窓会にやっぱり藤木くんは来ていなかったよ。」と。
藤木くんとは、芸能人の藤木○人。
同じクラスになったことはないので卒業後に知ったのですが
同級生だったんですね。
卒業アルバムを見たら載っていたので、びっくりしました。

「あと、☆☆さんのお姉さんが来てたよ。」とも。
☆☆さんというのは、私が以前付き合っていた彼氏のことで
そのお姉さんが私と同級生ということは・・・。
はい、以前の彼氏は年下くんでした。1歳だけだけどね(^^;

« 久々の・・・○○ | Main | 初公開 »

「恋愛」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

私の妹もある大学で助手をしてるので判るのですが、大学関係の助手や助教授や教授って、良い給料もらってるそうですね。
論文もバシバシ発表してるなんて…カッコイイですね。

年下の彼氏ってことは、男からみると年上の彼女ですね。うーん良いなぁ。
なんて言うと…私が年上の彼女に憧れてるみたいだけど。多分そんなコダワリはないです。年なんて気にしないという方が正しいでしょうかね。

男にとっての年上の女性は、どんな魅力があるかというと、多分甘えられるからか、あるいは、本来目上の女性が目下の自分に甘えてくれるという優越感や精神的なギャップが嬉しいんじゃないでしょうかね。
あくまでも客観的な意見ですけど。

同時並行ですか…私は、絶対に考えられません。
好きになったらおそらく一途です。
占いを信じてるのは変かもしれませんが、カニ座は男女共に母性本能が強く子供が好きで家庭をもったら大事にするというのを読んで、間違いなく自分に当てはまるな…って思ったので結構信じてるんですよね。
もっとも私の場合、2人同時なんて心配するまでも無く1人でも無理かもしれませんね…。ふぅ。

年上や同年代に魅力が無いのは…それだけ男がヘタレに見えるようになった…いや、見た目だけじゃなくて中身を知れば知るほどヘタレばかりに思えるってことなんでしょうね。
男性の魅力ってなんでしょうか?

1.大事にしてくれる事?
2.引っ張って行ってくれる事?(リードしてくれる事)
3.言葉や態度でメロメロにさせてくれる事?
4.必要としてくれる事?
5.お金に不自由でない事?(ケチでない事)
6.楽しく笑わせてくれる事?
7.精神的に自立してる事?
8.ファッションセンスが良い事?
9.その他

性格や過去の彼氏や生活や家族の状態によって、複数の理由が当てはまるかもしれませんし、実際に付き合ってみないと判別できないような事もあるでしょう。
全てを満たす男性なんて居るんでしょうかね…。
自分で書いててなんだけどコンプレックスになるなぁ…。(^^;

ふみさんの妹さんも助手をされていらっしゃるのですね。優秀ですね!

私の幼なじみのお給料は、この間話の流れでわかったのですが、私のほぼ3倍でした。
なぜわかったかというと、彼女が「私の年下の彼氏だけどさ~、私の1/3なんだよね。ボーナスもないし。手取りで○○万くらいなんだけどね。」と言われた○○万が、私と3万円くらいしか変わらなかったのです。ガビーン!って感じでした。

私の職種は(というかサービス業は)給料はあまり良くないのは入社前からわかっていたことなのですが、その彼女の話を聞いて、ただただすごいな~と思いました。25歳のときに院に入学。「Dr.まで行くから卒業すると三十路だよ~^^;」って言ってましたが、本当にDr.まで行き、その後
今の大学の助手職を見つけたそうです。

恋愛についてですが、私も年齢は特に気になりません。たまたま今の彼は年上ですけど、年の差を感じたことはないし(彼の精神年齢が私とあまり変わらないから…?って書いたら、彼から突込みが入りそうですけどね^^;)。ただ個人的にはあまりに年が離れると、もう対象外です。

私の周りを見ていて思うのは、20代の前半で結婚した友達のだんなさんは、総じて年の差夫婦が多いです。だんなさんと10歳以上違うのなんてザラ。23歳で結婚した同期は、14歳年上の人と職場結婚しましたし、やはり10歳以上の年の差で結婚した人が何人かいます。

20代半ばで結婚した人は、割と年の近いだんなさん、もしくは3~5歳くらい年上の人を選んだ人が多いです。

そして30歳間近や、30歳を過ぎてから結婚した友達はなぜか年下君を選んだ人が多いのです。
そのくらいになると、女性も経済力をつけている人が多いので、相手の経済力とか細かいことには
こだわらなくなるからかもしれませんね。

せっかく書いていただいたので、あくまで私の考えを書きますね。

>1.大事にしてくれる事?
はい、とても重要だと思います。
例えば車の送り迎えをしてくれるとかそういうことではなくて、相手に対して思いやりをもってくれているか、ここぞというときに(特に気持ちの面で)サポートしてくるか、とかそういう意味ですが。

>2.引っ張って行ってくれる事?(リードしてくれる事)
これはあまり気にしません。
逆に「俺についてこい」って言われたら
「1人で行っちゃって」と言ってしまいそうです^^;

>3.言葉や態度でメロメロにさせてくれる事?
言葉はたまにでいいかなぁ。
あまり歯の浮く台詞を言う人は、かえって信用できません。態度は見てればわかるかな。
メロメロになんてされたことないです(笑)

>4.必要としてくれる事?
これは「1」とほぼ同じかなとも思いますが
必要とされてるかどうかは、これも言動を見てればわかるかも…です。

>5.お金に不自由でない事?(ケチでない事)

これ重要(笑)
特にケチはいやです。
金銭トラブルで離婚に至った友達がいるので
なおさらそう思います。
私は今の彼とは完全にワリカンです。
別にそれは構わないのですが
もしこの人と結婚するようなことになったら
(…ってその可能性は薄そうですが)
結婚後も完全折半なのかなぁ?
それだとただの同居人みたいで、悲しいなぁと思います。
養ってくれとは言わないけど、やはり「守られている」とは感じたいのです。

>6.楽しく笑わせてくれる事?
う~ん、これはあまりこだわりません。
適度に会話のテンポが合っていればよいかな?と。
>7.精神的に自立してる事?
これはとても重要ですね。
またまた友人の例で恐縮ですが
結婚しただんなさんが(結婚前は優しかったのに)結婚後に豹変して、何でもかんでも実家のお母さんに「ご報告」。あまりに度を越しているということで、先ほどのお金でもめた友人ですが、それも離婚原因の1つだと聞いています。
親を大切にすることと、結婚後の家庭の比重が
「新しい家庭」ではなくて「自分が育った家庭」
では、結婚の意味がなくなってしまうと思います。
>8.ファッションセンスが良い事?
できればそうだと嬉しいけど、私自身はあまりおしゃれなほうではないので、そんなにこだわりません。以前かっこいい人(しかも年下君でした。会社の同僚だったのですが…)とデートしたとき、相手がおしゃれな格好で現れたときはマジで(やば!どうしよう!)と思いました。
そのときは…やはり1回のデートで終了しました(笑)
>9.その他
あと付け加えるなら、価値観が似ていることですかね。
そりゃあ趣味とか似てたら嬉しいですけど
それは100歩置いておいて、最近思うことは
「自分が恥ずかしいと思うことと、相手が恥ずかしいと思うことのツボが似ていること」でしょうか。

わぁ!1つずつ丁寧に答えてくれたんですね。
ありがとう、うれしいです~

実のところ少し心理テスト入ってました。
2番が重要だという女性はファザコン気味です。
支配してくれる人生きる指針を与えてくれる人に憧れます。逆に男だったらマザコン気味ってことですけどね、それが悪いということでは無いです。

1番と4番は同じようですが、ちょっと違います。
1番の大事にするのはちょっと一方的な感じが入ります。
猫かわいがりしたり、相手の幸せを思って場合によっては自ら身を引く場合を含みます。
何を持って幸せと思うかは人それぞれなので男の思い違いもあるでしょうね。
だから1番は片思いでも成り立ちます。

4番の必要とするのは『ギュ』っとしてくれることです。
というのは冗談で…まあ、それもあるでしょうけど(笑)
ななこさんの言う通り言動を見てればわかるものですね。

5番はちょっと質問が失敗でした「ケチ」の基準が色々あるからです。
例えば、ケチと言っても…(1人で何か買う場合を考えて下さい)
溜め込むだけで使う勇気が無い人。(=単なる小心者)
溜め込むのは同じで減るのを嫌がる人。(=増やすのが嬉しい守銭奴)
溜め込んで使う前によくよく考えてからしか使わない人。(=場合によって機会を逃す超慎重派)

そのケチな対象が周囲に対してだけなのか、本人自身に対してもそうなのかでも印象が違いますよね。
まあ、どのケチでも嫌かもしれませんけどね。(^^;

結局、全ては…9番で「価値観が似ていること」と答えてもらいましたが、これに尽きますね。

私はケチかどうか…普段ケチなくらいお金に厳しい方が、本当に買いたい物がある時にいい物が買えると思ってます。お金を使うのは本当に欲しいかどうか自分(誰かと一緒だったら自分達)にとって必要かどうかをよく考えて、無いと困るなというものだけ買う…ようにしたいです。
だから、多分、私はケチです。

最後の『恥ずかしいと思うツボが似てること』は、一緒にいて恥ずかしい思いをしたくない…という気持ちがあるのでしょうか?
確かに、ファッションの件もそうですが、気にしなさすぎはいけませんね。

私はファッションにはほとんど興味が無いです。
芸能雑誌は元よりファッション誌は全く目を通しません。
ダメな理由はこの辺かな…(反省)
..._〆(゚▽゚*)勉強になります。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/2459155

Listed below are links to weblogs that reference 幼なじみとの再会:

« 久々の・・・○○ | Main | 初公開 »