管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 史上最悪の大失敗 | Main | 距離を置く »

January 19, 2005

タイトルそのままだった!

「87%」今日も見ました。
「生存率」はまだそのままだったけど、タイトルの字は前より小さくなったのかな?

主人公の息子の同級生のお母さんが(ご主人の?)
ガン保険に入りたいと言ったのに、無保障の期間(保険契約後、90日以内にガンと診断されても、保険金は下りないこと)を説明無しで、加入の手続きを進めるなんて「あり得な~い!」と思いながら見ました。番組中も、契約書のその部分だけアップにしてのちの伏線にするんでしょうけど、仮にも、主人公ががん患者という設定にしているのに、そーんな詰めの甘い保険員さんにしちゃっていいのでしょうか?がん保険ならばなおのこと、もっと細かく説明しておかなければならないことがあるはずです。
それに合コン後に(酔った杉田かおる役を)部屋まで送り届けてくれた男性に、主人公が胸を鷲掴みにされるシーンもありましたが、それこそ「やっぱりドラマだ」と思ってしまった。

変な例えですが、私の仕事を知ってる人はよく「あの高嶋政伸が出てたドラマよく見てました!いいですよね~、あれを見ると○テルで働きたいなと思いますよ!」なんて言われたものです。私自身はあのドラマは見たことなかったのですが、あまりにもそのドラマの話題をよくされたので、1度だけ見てみたら、やっぱり「突っ込みどころ満載」でした(^^; ローテーションでまわっている従業員たちが、同じ時間帯に休憩をとるのは(しかも部署が違うのならなおさら)
あり得な~いと思ったり、あんなに毎回事件が起こったらたまりません!と思ったり、実際の事件は「あんなもんじゃありません!」と思ったり・・・。

「87%」は初回は心臓がドキドキして苦しかったけれど、今日のはどう見ても「ドラマ」にしか見えませんでした。
そういえば、今日は会社の元同僚からメールが来たのですが、そこには「先週から乳がんのドラマが始まったのを知ってる?私は医療ものやモッ君が好きだから見ました。モッ君の前妻は、乳がんで亡くなっているという設定なの。前回は告知までをやっていたよ。結構こまかく検査の様子をやっていました。」と書いてあって、ちょっとびっくりしてしまいました。彼女は私の病気のことは知っています。やっぱり普通の人にとっては、ただのドラマの1つなんだろうなと感じました。

話は保険の話に戻りますが、かなり前に書いた私の保険会社からはまだその後の連絡がきません。一体何がそんなに引っかかっているのかと心配になります。「無保障期間」で引っかかっているわけではないのですが。早く結果がわかってほしいです。

« 史上最悪の大失敗 | Main | 距離を置く »

「乳がん」カテゴリの記事

「医療保険・生命保険」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

どうしても放送予定というのがありますから、ドラマの都合のよさはしかたないですね。
専門的な内情を知ってる人ほど、そして冷静に見れば見るほどわざとらしいな~、とかいいとこ取り(撮り?)してるな~
って思うでしょうね。(笑)

多分、2ちゃんねるという掲示板を利用してる人にとって『電車男』の本はそう見えるんだと思いますよ。
(あまり関係ないか…(笑))

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/2632512

Listed below are links to weblogs that reference タイトルそのままだった!:

« 史上最悪の大失敗 | Main | 距離を置く »