管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 勘弁して!あのCM! | Main | 結局、見てしまいました・・・ »

January 11, 2005

これもプラスに考えよう

今日、私の母が発作を起こしてしまいました。
母はもともと高血圧なので、以前からずっと薬を飲んでいたのですが
今月の初めにも一度似たような状態に陥り
そのときも部屋で休ませていました。

母は自宅から徒歩5分くらいのところで
マッサージ師として個人開業しています。

お昼を過ぎた頃、自宅の部屋にいた私に電話がかかってきました。
「なんかちょっといつもと違うの。血圧測定器持って、すぐ来て。」
と言われて慌てて家を飛び出しました。

私の頭はワカメちゃん状態なのに
そのことも忘れるくらい慌てていたので
玄関を出たところで、また髪の毛付き帽子を取りに戻りました。

母の職場(といってもマンションの1室)に着くと
中で母が横になっていました。
顔面蒼白とまではいかないけれど
顔色は明らかに悪く、やはり普通の状態ではないというのが
一目見てわかりました。

幸い意識はしっかりしていたので
母の自前の血圧測定器で早速測定してみたところ
上が210近くて、やはりかなりの高血圧。

最初は近くのかかりつけの個人病院へ
連れて行こうかと思いましたが
しばらく様子を見ていたものの
「足元の感覚がなくて、フワフワするの。
救急車呼んだほうがいいかしら?」と言うので
「個人病院もいいけど、1度大きな病院で診てもらった方がいいって
前から言ってたでしょ。大きい病院に行こうよ。
歩いていくのはちょっと危険なので、私救急車呼ぶよ。」

救急車を呼ぶと、5分ほどで来てくれました。
マンションの周りの商店の人とかが「大丈夫?」と
声をかけてくれましたが、あまり答えている余裕もないので
あいまいに笑顔を見せて、一緒に救急車に乗り込みました。

すぐに発進するのかと思いきや
車内では血圧を測ったり、心電図を取ったり
あとは簡単な状況説明を求められ
かかりつけの病院があるのかということと
どこか希望の搬送先病院はあるか?も聞かれました。

母と私が希望したのは、自宅から車で10分の距離にある
某私立大学付属病院。
母は昨年、血圧を下げる薬を処方されたら
逆に血圧が下がり過ぎてしまったことがあり
そのときにもその大学病院にかかっていたのですが
待ち時間があまりに長いので、途中で挫折してしまい
近所の個人病院へ勝手に転院していたのです。
ところが、その個人病院では患者の話をあまり詳しく聞いてくれず
先生との相性もいまいちということや
最近母の血圧が不安定だったこともあり
今いちど、その大学病院で診てもらいたいと思っていました。

救急隊員が「事情はわかりました。それでは大学病院のほうで
受け入れてくれるかどうか、今確認してみます。」とのこと。
すると、最初は「今日は心臓の緊急手術が入り、長引いているので
今来てもらっても待たせてしまうかも・・・」という返事。
そして「かかりつけの医院があるのなら、そちらへ行くことは
できないでしょうか?」という返事が返ってきたようなのですが
再度「そちらで精密検査をしてもらって、今後はそちらでお世話になりたい」
ということを救急隊員を通じて伝えてもらい
大学病院の了解を得ることができました。

ここまでで(と言っても救急車に乗り込んでからまだ5分くらいでしたが)
ようやく発進・・・。
車内は意外と揺れるのでびっくりしました。

病院へ到着すると、母はすぐに救急外来へまわされて
その間に私は受付の手続きを済ませたり
母が「口が渇く」と言っていたので、飲み物を用意したりしていました。

幸い、先生の診察を受ける頃には血圧も少し下がり
容態も落ち着きましたが、この際なので次回の診察からは
心エコーや血液検査などを受けることにして
血圧が不安定な原因を突き止めてもらうつもりです。

血圧が安定しない理由としては
・心臓に何か異常がある(例えば筋肉の壁が厚くなっている、とか
 血液が逆流している部分がある、とか弁膜症の場合など)
・何か他の病気が潜んでいる なのだそうです。

明日も母に付き添って病院へ行くつもりです。
私が休職しているときでよかったです。
今は母と「持ちつ持たれつだね^^;」と話しています。

« 勘弁して!あのCM! | Main | 結局、見てしまいました・・・ »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

タイトルから見てプラスの内容だと思ったのも束の間
いきなりの内容にショックでした。
一瞬、私の母の時の事を思い出してドキっとしました。(ななこさんがCMの内容にドキっとするのと同じ感じかな?)
でも、お母様自身からの電話だったことと、タイトルからみて、まあ、大丈夫だったのだろうと思いながら読ませてもらいました。

血圧が不安定な理由が良くわからないとの事・・・まだ心配ですが、今回のことは、ななこさんが居てほんとに良かったですね。

折角の機会ですから、いっぱい親孝行してあげてくださいね。

○ふみさん

母から電話があったとき、かなり動揺してしまいました。
そして職場にかけつけたとき、青ざめた表情を見て(私が心労をかけてしまったのかな…)と思ったり、最初は「少し横になれば大丈夫かも?」と
言っていたのも束の間、「ごめん、やっぱり救急車呼んでもらおうかな」と言われて、内心パニクりそうでした。

母の検査は予約の関係で来週なのですが
昨日は外来受診で、今のところは落ち着いているようです。

ご心配をおかけしました(>_<)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/2544316

Listed below are links to weblogs that reference これもプラスに考えよう:

« 勘弁して!あのCM! | Main | 結局、見てしまいました・・・ »