管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 同じ医者でも・・・ | Main | 働きたいという気持ち »

January 09, 2005

87% - 私の5年生存率

仕事の合間をぬって、彼は韓国へ旅行中。
お土産は特に思い浮かばなかったので、ありがちだけど「海苔」にした。
しっかしあいつめ~、もう3日経つのに全然連絡してこないぞ~。
去年、秘境の地を旅行していたときですら連絡くれたのに・・・。
暇なので3通もメールを送ってしまったではないか・・・(^^;

少し前だったか、彼から「1月から始まるドラマのこと知ってる?」
と聞かれたので「とっくにチェックずみよ」と答えたけど
正直、今月12日から始まるそのドラマ「87%-私の5年生存率」は
それほど見たいとは思わない。
乳がんの主人公と自分をきっと重ね合わせてしまうから。
ただ、そのドラマを見て人ごとだと思うのではなく
一般の人にも健診を受けてもらえたら嬉しいなあとは思う。

くしくもその1月12日は私の母方の祖父の命日。
なんだか余程、因縁があるような気がしてならないなぁ。

今朝、起きて枕もとのタオルを見て一気にげんなり。
一体どこの毛がこんなに抜けたのかというくらい
またもやベターッと張り付いている。
副作用の吐き気はないけど
脱毛している髪を見て、気分が悪くなる気がした。

このまま放っておいても、もしかしたらかなりの割合で
私の髪の毛は残るかもしれないけど
家の中を歩くたび、お風呂に入るたびに
際限なくパラパラパラパラ落ちるのを見ていると
このまま、髪の毛を「乗っけておく」のも限界かなという気がしてきた。

それで、今日はお風呂に入って、久々に豪快に髪を洗った。
いえ、髪はほぼ毎日洗っているのですが
あまりゴシゴシやっていなかったので
今日はもう抜けるのを覚悟で、ゴシゴシやってみたかったのです。

するとやはり手のひらが隠れてしまうほどに
髪の毛がゴッソリ抜けて
自分でやったことなのに、髪を洗いながら泣いてしまった・・・。
病気になってから泣いたの、これで3回目かな。

覚悟は決めていたはずなのに。
本当ならもうとっくに全て抜けていてもおかしくないのに。
それにいずれまた生えてくるんだから・・・と思っても
髪の毛を1人で処理するには、もうあり得ないほど抜けてしまった。

とってもとっても、湯船の中に髪の毛が浮かんでいるので
なんとかそれは全てすくったけれど
お風呂を出た頃にはもうすっかりヘロヘロ。

げんなりした顔で上がってきた私を見て両親は
「髪の毛が抜けても、全然気にしないでいいんだからね。
落ちた分は、いくらでも取れるんだから。
あなたが取りきれない分は、私たちが取るから。」と言ってくれて
さらに今年87歳になる祖母までもが、私の髪が抜けるたびに
ガムテープでペタペタ取ってくれるのを見て
もう本当に申し訳ないな~という気持ちでいっぱいです。

それで思わず「もう限界!自分で短く切る!」と豪語して
ハサミまで持ち出したものの、
両親から「短くしたらかえって短い髪が抜けたときにツンツンして、
取るの大変だから、今のままにしておいたほうが
かえって取りやすくていいんじゃないの?」と言われて
今日のところは思いとどまりました。

後ろの毛は寝ている間にだんだん抜けてきているけど
前と横の毛は、特に代わり映えしないので
このままにしておこうかな~と思ったり。
でもそうしたら「子連れ狼」の子役みたいな髪型になっちゃうし。

変な言い方だけど、やっぱりこういうときは「彼」には頼れない。
彼は彼なりに、私に気を遣ってくれていると思っているし
病気のことを告げても、一向に態度が変わらなかったので
当初は(この人は、事の重大性がわかっているのか?)
と思ってしまったほどだけど、結婚しているわけでもないし
私が今こういう状況だからって
(彼を巻き込むわけにはいかないな~)と思うわけなのです。

そういえば、今日テレビで「負け犬の遠吠え」のドラマ化されたのが
やっていましたが、なかなかおもしろかったな。
そしてあれを見たらまたいろいろ考えさせられました。

なんか今日は暗い内容になってしまいましたね☆

« 同じ医者でも・・・ | Main | 働きたいという気持ち »

「乳がん」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「恋愛」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/2513432

Listed below are links to weblogs that reference 87% - 私の5年生存率:

« 同じ医者でも・・・ | Main | 働きたいという気持ち »