管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« ■回想■入院2日目(2) | Main | ■回想■手術当日(2) »

November 18, 2004

■回想■手術当日(1)

手術当日は、自分でも目覚ましをセットしておいたけど
それよりも早く看護婦さんが6:30am頃起こしに来てくれました。

もちろんこの日は何も「飲まず、食わず」です。
飲食に関しては、手術前日までという規定があり
----------------------------------------------
飲み物・・・前日の午後9時まで
食べ物(固形物)・・・前日の午後7時まで
----------------------------------------------
と決まっていました。

洗顔したり、髪をとかしたりしてごく普通に過ごしてましたが
7:00am過ぎに家族が到着。
両親や妹の顔を見て(あー、いよいよだぁー。)と思いました。

~7:30am~
パジャマから手術着に着替えて、T字帯を着用。
ふんどしみたいで、かなり変な感じであった。
そのあと「弾性ストッキング」を履いたのですが
これを履くのは結構大変です。
締め付けが強いので、ゴム手袋みたいな素材の中に
足を入れていくと考えてもらえればわかりやすいと思います。

これは普通のストッキングとは異なり
手術中に「エコノミー症候群」が発生する可能性を
最小限に食い止めるために履くのだそうです。
術中は血液の流れが悪くなるので
特に中高年になると、足に血栓が出来やすく
それが手術中に他のところに「ポーン!」と飛んだら
大変なことになるので、それの予防とのこと。

弾性ストッキングは、手術当日と翌日はずっと履いていなければなりません。
でも意外と締め付けが強いので、気になる人は気になるらしいです。

~7:45am~
いよいよストレッチャーに乗る。
このストレッチャーは前日夜から私の病室の前に置いてあったので
それを見るたびにドキドキしました。
お見舞いに来る人に「明日はあれに乗るの~」と言ったら
みんな固まっていましたが・・・。

ストレッチャーに乗ったら、意外と幅が狭くてびっくり。
いや、ストレッチャーの幅が狭いのではなくて
私の体の幅が広いと言ったほうが正確なのですが(笑)
同室の女性にも「大丈夫だからね、気をしっかりね!」と
手を握り締められて励まされた。

続いて、妹、母、父の順に私の手を握り締めて
同じように励ましてくれた。
それから、中野のおじさんの妻である「まる子おばさん」も
朝から駆けつけてくれました。

家族は手術室の入り口まで着いてきてくれたけれど
家族控え室は、手術室の近くにはなくて
私の病室の隣りの隣りにあったので
みんな手術中はそこで待っていてくれました。

私は普段コンタクトをしているのですが
この日は外していたので、あまり周りがよく見えませんでした。
手術室は、病室とは別棟にあったので
かなり移動距離がありましたが
私がストレッチャーで運ばれていくとき
周囲にいた見舞い客らしき人たちが、私の顔を覗き込んでいるようでした。
内心(いや~ん、見ないで~!!!)って叫んでましたが。
私がいた病院は、お見舞いが朝7時から可能だったので
朝早くても、けっこう見舞い客がいたのです。

手術室の入り口で、いよいよ家族ともお別れ。
看護婦さんに「それでは、このあとは控え室でお待ちください」と言われていました。

「手術室」と書いてあるところに入ったら
すぐに手術台が待っているのかと思いきや
中はさらに奥行きがあって、全部で14前後の手術室がありました。

私と同様に、ストレッチャーに乗せられている患者さんが
飛行機の離陸待ちみたいに、ぞくぞくと運ばれてきてました。
ふと横を見ると、50才くらいの男性もストレッチャーに乗っていて
目が合ってしまったのですが、不安そうな面持ちでした。
そりゃそうだよなぁ・・・。

ここで看護婦さんに「それでは、頭に帽子をかぶせますね」と言われて
女性がよくお風呂場でかぶるような、ビニールの帽子をかぶせられました。
そして、今度こそ本当に私が手術を受ける手術室の前まで
連れて行かれました。

ここで若い男性看護師が現れて
私の耳元で「ななこさん、看護師の○○と申します。
ちょっとここで手術着を脱ぎますので、失礼しますね。」と言われてびっくり。
その看護師さんは手早く私の手術着を脱がせにかかると
裸が周りに見えないように、すかさずシーツみたいなのを
体の上にかけてくれました。
まだまだ数は少ないそうだけれど
男性の看護師さんも看護職に就いていることを目の当たりにして
ちょっと感激しました。

手術室に入り、手術台に乗せられて上を見ていると
まるで宇宙船の内部のようでした。
周りをキョロキョロ見ていると
スタッフが10名ちょっといたらしくて
(私1人の手術のために、こんなにたくさんの人が関わってるんだ~)と
ここでもまたびっくりしてしまいました。

それにしてもこれから手術を受ける人間が
あまりキョロキョロしているのも変なので
ちょっと目を閉じていたのですが
気配を感じて目を開けると、麻酔科医ヨン様の姿が・・・!
ヨン様も手術着仕様のため、目のあたりしか見えませんでしたが
「手術、頑張りましょうね」なんて声をかけてくれて
(あら~、この人やっぱりヨン様かも!)なんて思いました(笑)

そうこうしているうちに、ヨン様のアシスタントっぽい
女性の麻酔科医が「それでは、点滴をします」と言い
「ちょっとチクッとしますよー」と言いながら、針を刺してきました。
この時点で、私の鼻と口にはすでに酸素マスクがつけられていました。

(あ~いよいよ全身麻酔のときがやってきた~)
なんて思っていたら、周囲のスタッフ同士の会話から
「先生(執刀医)の入室は、9:30amです」と聞こえてきて
(家族のこと、待たせちゃうなぁ。)と思いながらまた目を閉じました。

女性の麻酔科医が「それでは、これからお薬(麻酔薬)が入りますね~。」
という声が聞こえてきたので(酸素マスクでしゃべれないから)
「ウン、ウン」と一応、頭だけ頷いてみせました。
(もう、体内に薬が入り始めたのかしら~?)って思っているうちに
ものの10秒もしないうちに、意識が飛んだようです。(早っ!)

---私が乗ったストレッチャー---
st

« ■回想■入院2日目(2) | Main | ■回想■手術当日(2) »

「乳がん」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/2110765

Listed below are links to weblogs that reference ■回想■手術当日(1):

« ■回想■入院2日目(2) | Main | ■回想■手術当日(2) »