管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 第2の父親のような叔父さんに私の病名を告げたとき(2) | Main | いよいよです »

November 12, 2004

最終出勤日

短大を卒業して以来、正社員として約12年間働き続けてきた職場。
もともと接客業に就きたいと思っていたので
内定をもらえたときは本当に嬉しかったです。

しかし外側からは華やかに見える職場も
実際は、リストラによる人減らしや、サービス残業の増加、
また人間関係に悩まされて辞めていく人も多く
入社当時100人だった私の同期も、今は残り10人を切ってしまいました。

私も、いろいろと思うところがあり、今までに何度もこの会社を辞めようと考え
水面下で転職活動を行ったことも数知れず。
今年のはじめにも数社受けて、採用試験の途中まで進んだこともありましたが
内定を得ることまではできず、また気持ちを入れ替えて今の職場で頑張ってきました。

さきほど人間関係に悩まされて辞めていく人もいる・・・と書きましたが
私の場合は、入社当時こそきつい先輩に悩まされましたが
その後は、年を追うごとに人間関係に恵まれていくようになりました。

それでも、後から入ってきた後輩も、入社して2年くらいで辞める人も多く
仕事を教えても教えても、あとが続かない、というジレンマがありました。

けれどここ3年以内くらいに入社してきた後輩は
人間的な魅力に溢れ、心が優しく、英語も自由に操れる優秀な人が多く
一緒に仕事をするのが楽しい人たちばかりでした。

病気のことがわかったとき、同じ部署の人にだけは事実を話しました。
そして1~2年同じ部署で仕事したけど
今は別の部署へ異動した後輩(でも仕事上のつながりは深い)や
他の人たちには、病気になったことも、これから半年くらいの休職に入ることも
最後まで隠し続けました。

でもいくら隠したとしても、さすがに最終日ともなると
いろいろな人に、しばらく休職することが伝わっていました。

仕事上つながりがある、マネージャー職の先輩は、いきなり私のところに来て
「ななこ・・・聞いたよ、退職するんだって?」と。
「違いますよ、退職じゃなくて、休職ですよ。」と言うと
「あ、そうだったの!?」と(^^;
「元気になって、戻っておいで」と握手されてしまった。

病気(病名)のことも知ってるのかと思ったけど
さすがにそれは、周囲に堅く口止めしておいたせいか
今のところ大丈夫みたい。

他の人にも「噂には聞いていたけど、本当に休職しちゃうんだね。」
「そんなに元気そうなのに、どこがお悪いの?」
人によっては「あの・・・もしかして、おめでた?」と聞いてきた人もいました。
私は未婚だってば☆

また「もし差し支えなければ、どこを切るのか教えてもらってもいい?」
と年の近いある男性社員に聞かれたけれど
さすがにそれは「ごめんなさい、それはちょっと・・・」と
言葉を濁してしまいました。

入社以来、半年に1回、ずっと会社の健康診断を受けてきました。
レントゲン、血液検査、尿検査、聴力、視力検査などなど
今まで一度も引っかかったことがなく
今回も、10月に受けた健康診断の結果が2日前に戻ってきましたが
結果は「総合A」。マンモが組み込まれていなければ
会社の健康診断レベルでは引っかからないのかもね。
病気が見つかったのは悲しいけれど
自己触診で見つけることができたのは不幸中の幸いでした。

不規則な仕事なので、周りの人たちは「尿蛋白で引っかかったー」
だとか、同じ部署の後輩は「うそっ。『肺に影があります。3ヵ月後に要検査』
って書いてある。たばこが原因かな~(泣)」などなど
けっこう引っかかってる人もいました。

退職するわけではなく、休職だからか「万感胸に迫るものがある」とか
そういう感覚はなく、仕事は全く普通どおりにこなし
自分のロッカーだとか、身の回りをきれいにして片づけをすませて
同じ部署の上司、後輩たちに挨拶をしました。(先輩はこの日休みでした。)

また、別の部署ですが、1人仲の良い60代の女性がいたので
その人にも「実はちょっと体調を崩したので、明日から約半年間くらい
休職に入ります。」と伝えたところ「えっ!どうしたの?どこか悪いの?」と。

話の成り行き上、言わないわけにもいかなくなったので
「乳房を手術するんです」と言ったら「乳がん?」と。
私がコクンと頷くと「私には2人の妹がいるんだけど
2人とも乳がんの手術をしているのよ。
1人は数年前に全摘していて、もう1人は3ヶ月前に部分切除したばかり。
2人ともピンピンしているし、ななこさんもあまり深刻にならないでね。」
と言われてびっくりしました。乳がんの人は意外と多いのだろうか。

ここのブログにも何度か登場した、上司である「部長」に挨拶をしに行ったら
なんと「実は、僕も今月いっぱいで辞めることになった」と言われてびっくり!
さらに「○○課の□□□マネージャーも、同じ時期に辞めることになったよ」と
言われてびっくりしました。

部長も□□□マネージャーも、50歳になるかならないか。
退職の理由は2人とも「考えるところがあって」とのこと。
次の職場を見つけてからの転職ではないそうです。

私は休職を選び、周りから見たら会社にしがみついているように
見えるかもしれないけれど、この上司2人は、うちの会社に
どうしても我慢できないことがあったのでしょう。
この業界自体から、身を引くそうです。

部長からは「ななこ君が帰ってくるときに僕はいないけど
あとのことはちゃんと引き継いでおくから、安心していていいんだよ。
そして必ず戻っておいで」
そう言うと、部長もまた握手を求めてきたので、しっかり握手しました。

部長に挨拶をしていたとき、ちょうど近くを社長が通りかかりました。
「社長にも挨拶をしておこうか。」と言われ、社長のそばまで行くと
「ななこ君、病気のことはちらっと聞いたよ。」と社長。

そして社長は「ちょっとこっちへ」と他の人には話が聞こえないように
私をロビーの端のほうまで連れ出しました。
「ななこ君、今が精神的にも一番きついときだと思うけれど
乳がんは昔と比べたら、だいぶ治りやすい病気になってきたんだよ。
実はこれは、会社の誰にも言ってないことなんだけど
私の妻も、先月乳がんの手術をしたばっかりでね。」
思わず「えっ!社長の奥様もですか!!!」
「君もこれからの治療のこととか、いろいろもうお医者さんから
聞いていると思うけど、あまりあれこれ考えずにお医者様を信じて
治ることを考えていこう。妻は部分切除だったので
これから、化学療法をやるんだよ。
手術が終わってみて、本人もホッとしているところでね。
ななこ君も、気をしっかりもって、病気の治療に専念しなさい。
君のポストは、私が責任をもってそのまま空けておくから
安心してゆっくり休みなさい。」と言っていただきました。

辞めたい辞めたいと言いつつも
(今まで真面目に働いてきてよかった~)と思った瞬間でした。

就業時間が終わり、直属の上司である課長と後輩にもう一度挨拶。
課長は「ななこに半年も会えなくなるのか~。寂しくなるな~。」と。
ホロリときそうになったけど「お世話になりました。また戻ってくるつもりです。
そのときはよろしくお願いします。」とお辞儀をして、職場を後にしました。

« 第2の父親のような叔父さんに私の病名を告げたとき(2) | Main | いよいよです »

「乳がん」カテゴリの記事

「仕事」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/1961323

Listed below are links to weblogs that reference 最終出勤日:

« 第2の父親のような叔父さんに私の病名を告げたとき(2) | Main | いよいよです »