管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

« 上司への報告(1) | Main | 周りの反応(1) »

October 31, 2004

上司への報告(2)

課長に引き続き、今度は部長に報告することにしました。
たまたま部長がコピー機のところにいらっしゃったので
私がツツツー・・・と近寄っていくと、部長は(ん?)という表情。

それで「実は部長にお話があります」と言うと
部長は課長のときと同様に(退職したいと切り出されるのだろうか?)という
表情になったので、ここでもまた「退職のお話ではないのですが・・・
今ちょっとよろしいですか?」と言って、課長に話したときと同じように
切り出したのです。ただし病名は伏せて。

すると課長もそばに寄ってきて、私がちゃんと言えてるかどうか
横で話を聞いていてくれたのですが、そのうちに部長が
「わかった。じゃあ女性特有の病気ってことだね。」と言ってくださったので
(それ以上は突っ込まれないかな?)と思った私が甘かった。

「そうか。よくわかった。それで肝心なことを聞くけれど
ななこ君は仕事はどうしようと思ってるの?それが一番大事なんだけど・・・。
1ヶ月くらい休めば、出てこられるのかな?」
「入院して手術が必要で、その後も副作用がきつい治療が続くので
すみません、1ヶ月では無理です・・・」
「じゃあ、2ヶ月あれば大丈夫かな?」
「まだ最終的な診断がついていないので
今の時点でのお話しかできないのですが
化学療法が入るので(→いくら何でもこれを言ったら気付いてくれるかと思ったのですが)
2ヶ月でも厳しいと思います。どのくらいの期間休職が必要になりそうかは
また主治医と相談して、わかり次第、部長に報告させていただきたいと思っています。」
「そうか。わかったよ。女性特有の病気というのもわかったけど・・・。
何の病気?」部長がそう言った瞬間、
課長が一瞬(うわ、そこまで聞かなくても・・・)という表情をしたのを
見逃さなかった。

そして私は思わずここで答えに詰まってしまった。
自分の口から、その病名をできれば口に出したくなかった。
出した瞬間から、言葉は現実になるからだ。
でも部長は、私の病状がそこまで深刻だとはわかっていない。
ならばやはり言うしかない。どっちみち、人事に休職の際の診断書を提出すれば
会社にも病名は知られてしまうのだから。
こんなことを、ほんの数秒頭の中で考えたのですが
次の瞬間、私の口から部長へは病名をストレートに伝えていました。

「それは・・・」絶句する部長・・・。
相手が動揺する姿を見て(ほら、だから言いたくなかったのに。)と思ったけど
私が所属する部の中で一番上の人なのだから、言わないわけにもいかなくて。

かたや、私は言わなくてもいいことまで口に出してしゃべっていた。
「でも幸いにも、保険に2つ入っていたので、入院費用とか手術費は
それでまかなえそうです。」
後から考えたら、こんなこと言わなくてもよかったのにね。
でも相手が狼狽している姿を見て、私はこんなことまで話してしまっていた。

そして「病気が病気なので、このことは部長と、課長と、あとは同じ課の人には
私から話しますが、それ以外の人にはこのことは言わないでいただきたいのです。」
そう言ったら部長は「それはそうだけど、でも副社長(人事の責任者)と
人事課の人間には言わないわけにはいかないからね。
診断書出せばわかっちゃうことだし。」と言われました。

でもとりあえず、それ以外の人には言わないように
なんとか話してわかってもらいました。

部長に報告して、自分の席に戻ったら課長が
「部長は、なんだか全然ピンときてなかったみたいだな。
でも身内とか、身近なところにそういう病気の人がいない人には
化学療法とか言っても、わからないのかもしれないな。
俺はすぐにわかったけど。それに君がわざと病名をぼかしているのに
それを何の病気か?と聞くのもな・・・。でもとにかく報告が終わってよかったよ」

人に話すたびに、自分の病気が現実であることを思い知らされる。
「お願い、どうか特別扱いしないで、かわいそうという目で見ないで!」
告知を受けた日から、私の心は常に同じことを叫び続けている。

そして(こんな病気には絶対負けないから!)と決意を新たにする。

« 上司への報告(1) | Main | 周りの反応(1) »

「乳がん」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

そうだ、負けるな!!

ずっとリードオンリーでしたが、思わず応援したくなってコメントさせて頂きました。
これからも応援し続けます。

はじめまして。Teddyのメールで拝見して飛んできました。
わたしは去年の3月に全摘手術しました。
Teddyには最近参加して、まだメールを読むだけでした。
気が重くなるメールもあり、反応する気持ちにならなかったのですが、なぜか、ななこさんのメールは、とてもまっすぐ気持ちが伝わってきて、何かお返事をしたい、と思ったのです。

わたしの経験からも、告知からしばらく時間が経ったあたりが一番つらいと思います。

でも、がんは、今までの生活を見直して、というメッセージの為に出来てくれた、という話もあります。
不安なら泣いて、不当だと思うなら、たくさん怒って、本当の気持ちで癌とつきあえる「スイッチ」が入るといいですね。

わたしのHP、体験記(Hello,Goodbye?)は、まだ途中ですが、お時間のある時によかったら覗いてみてください。

また来ます(*^-^*)/~~~

はじめまして、ゆめみんと申します
テディのメールからお邪魔しました
ななこさんのひとつ上で3年前の6月に手術して、
去年肺転移して今はそれもほとんど消えて
今は普通と変わらない生活をしています。
同じくらいの歳で前向きでいようと頑張っていらっしゃる
気持ちが伝わってきて、
ひとことお声かけたくてカキコしてます。
まわりの反応に関しては私も同じように思って悩んだので
気持ちはよく分かるなと思いました。
治療ふんばってのりこえて元気になられるように応援してます。
私も2度の化学療法経験者なので何か分からないことがあれば
お役に立てることもあるかもしれないので
よかったら聞いてみてくださいね
ではではまたきます

○夜光人さん

コメントありがとうございます。
あまり先のことを考えすぎず、今できることを
一つ一つ進めていこうと思っています。

○COSMOSさん

早速の書き込みありがとうございます。
Teddyはネットを辿っているうちに偶然見つけました。

COSMOSさんは昨年手術をされたのですね。
私、数年前に盲腸の手術をしているのですが
そのときですら、かなり心臓がバクバクしたくらいなので
今度の手術は本当に緊張します。

私は先週告知を受けましたが、この1週間は地獄のような
思いを味わいました。
そんな中、今日は友人の結婚披露宴と2次会に呼ばれていたので
自分の精神状態が最悪のときに、人の祝福をしているだけの
余裕がない…と憂鬱だったのですが
その友人とは今まで仲良くしてきたこともあり
やはりそんな心の狭いことは言ってられないな…と思い
今日は予定通り出席してきました。

これまでに15件ほど披露宴に出席したことがありますが
今日の式は笑いあり、涙ありのとてもいい式となりました。
欠席せずに、お祝いができてよかった!
彼女の花嫁姿を見たとき、涙が出ました。
幸せを分けてもらった気がします。

COSMOSさんのHP、まだ全部はまわりきれていませんが
拝見させていただきました。
そのときの心境が手に取るようにわかり共感しました。
またHPにお邪魔したいと思います!


○ゆめみんさん

はじめまして。書き込みありがとうございます。
身近に同じ病気の人がいないので
Teddyでお知り合いになれて嬉しいです。

周りへはどこまで言うのか…迷いますよね。
こういうときに限って、なぜか「今月一緒に食事に行きましょう!」としばらく疎遠だった友達から連絡がきたりして。

告知は自分ももちろんショックですが
周りに話すとショックはもちろん、動揺されると思うので
今(この人には話そう、この人には言うのやめよう。)と
勝手に選別しているところです。

ゆめみんさんも化学療法を経験されていらっしゃるのですね。
今から不安でたまりませんが、もう確定したことなので
腹をくくるしかないのかなぁ、と思ったりしています。

ブログに書きたいこといろいろあるのですが
毎日いろいろなことが起こりすぎて
文章化させるのが、追いついていない状態です。

こんなブログですが
よかったらまた遊びにいらしてください。

こんばんわ。ふみです。

なんとも勘の悪いといいますか、雰囲気を察しないというか、こういうとき男はダメですね・・・(私も含めて)
直接、目の前で話すならば流石に言いにくそうにしてるとかくらいは判りそうだと思いますけどね。
別に部長さんを責めてる訳ではありませんよ。
普段から気の利かない自分自身に対して気をつけなきゃって思ってるだけです。

確かに知っていながら普通に接するのは難しいかもしれません。
私が出社した時もなんとなく気を使ってる雰囲気があったけど、私が普通に仕事して、普通に忙しそうにしてると相手もいつもと代わらず接してくれるようになりました。
だんだん、それが普通になっていくんだと思います。

あまりに普通に話しすぎて、うっかり「先日の通夜の時に丁度、台風が・・・」とかさらっと言ってしまったりするのは気をつける必要がありますけど。
(流石に急に気を使った言葉使いになったりして・・・シマッタ!って思いますね。)

あまり広く知られるのはいやという思いが強いのは何となく判ります。また、それとは別にお互いにぎくしゃくした態度や言葉になってしまって気疲れしてしまうというのもあるでしょう。
ちょっとした気使いは必要でしょうけれど、それは人付き合いをする上で普通に行ってる事ですから、あらためて難しく考えなくてもいいんじゃないかなって思います。
うっかり失敗しても、前向きに考えることがやっぱり重要ですよね。

それからブログの記入と現実の進捗とズレは当然ですし、あまり気になさらないで下さいね。
逆に、私もコメントを何処に付けようかと迷ってしまいますが、ななこさんに読みやすい様にと思って、一番最新のにコメントさせてもらいます。
(なにか不都合があればおっしゃってください)

1つお願いがあります。
この、ななこさんのブログサイトを私のブログ(そんなに訪れる人は多くないですが・・・)にリンクさせおきたいのですが、良いでしょうか?
変なサイトからトラックバックされたり、変なコメントを書きにきた人はおりませんし、来るとしても私の母の件で色々励ましていただいたりした方ばかりです。是非リンクを作らせてください。

ななこさん、初めまして。
teddyから飛んできました。
私は、四年前(26歳)右全摘+化学療法をしました。
今は前の通りの普通の生活を送っています。
ななこさんの気持ち、とっても分かります。
私も一緒でした。
「特別な目」がとても嫌で、
友達に伝えるのも勝手に選別してしまいました。
四年経った今も変わらずです。
とても前向きなななこさん、
治療も頑張って乗り切って、グチもこぼして
少しずつゆっくり前に進みましょうね!
また、遊びに来ます!

○ふみさん

書き込みありがとうございます。
たくさんのコメントにとても励まされています。
コメントをつける場所ですが、最新の記事につけていただいて
ありがとうございます。
それからリンクの件ですが、ふみさんさえ構わなければ
ぜひお願いします。私のほうは内容が内容なので
人によってはリンクを張るのも嫌なのではないかな~とか
思っていたのですが、もちろん大歓迎です。
相互リンクさせていただければ嬉しいです。


○アイさん

こんにちは、はじめまして!
私よりも若いときの手術と治療だったのですね。
今は普通に生活をされているとのことで何よりです。

周りが気遣ってくれるだけに
余計に「特別な目」が気になるのですが
きっと周りもどう接したらいいのかわからないんだろうなと
思っています。

例の部長は「休職期間が6~7ヶ月間くらいになる」と
伝えたときに「そんなにかかるんだね。…放射線治療も
するのかな?」と聞いてきて、ようやく多少はわかってくれた
みたいです。

きのうは私が入っている生命保険の担当(20代半ばの男性)
に電話して、必要書類は何をそろえたらいいのか聞こうとしたのですが、私が病名を言ったら呆然として、相当ショックを受けていました。そして「早期なのですか…?」と。

そういえば、私が周りに伝えたときも「早期なら大丈夫だよ!」という返事が返ってきたりしましたが、私の場合は
早期には入らないと思うので、このあたりは返事に困りました。

手術日が18日で決まりました。
今月は病院での検査と、手術で終わりそうです。
でも頑張ります。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41477/1836482

Listed below are links to weblogs that reference 上司への報告(2):

« 上司への報告(1) | Main | 周りの反応(1) »