管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

Main | August 2004 »

July 2004

July 30, 2004

負け犬の旅行願望

会社員をしていると、夏休みは最大の楽しみの1つでありますが
最近うちの会社は人員削減が激しくて
今年はついに1週間の連休も不可能となってしまいました。
シフト制の職場なので、お互いが犠牲になりあって
7日間でも8日間でも連続勤務をすれば
それと引き換えに、1週間の休みがとれるのかもしれないけど
体力的にきついシフトを組むと、あとでツケがまわってくるからねぇ。

私の夏休みは第一弾が8月5日~7日までの4日間と
第二弾が8月12日~17日までの6日間に決まりました。
同じ職場の同僚たちと、夏休みの日程を決めるのが遅すぎたらしく
本当に急に決まったので、まだ何も予定がありません。
あぁぁ、これでは負け犬丸出しではないか・・・。

今までは一緒に旅行に行く友達が何人かいたけれど
今年はその友達も、結婚を決めて実家に帰省してしまったし
もう1人の親友も、彼氏ができてからは
私と土日に会おう、とか夏休みに一緒に旅行に行こうとは
言わなくなってしまった(笑)

とは言っても、私はもともと一人旅も何度か経験しているので
ここは1つ、どこか日常を忘れられるような場所へ旅行に行こうか・・・
とこの2~3日ずっと考え続けているのです。

ANAのマイレージが貯まっているので
5日~7日はお盆も外れているし、ちゃんとその特典が使えるみたい。

日本国内、すでにあちこち旅行しまくったので
もう行ったことのないところはほとんどないんですが
沖縄の離島方面はまだ行ったことがないので
(→石垣島とか、宮古島とか、波照間島とか・・・)
そのあたりが良さそうかな~なんて思っています。

それにしても、行くにしても早めに決めないともうあまり時間がないぞ~。

南の島で、別に何をするでもなく
青く透き通った海を見ながら、読書をしようかなというのが今の願望。

みなさんは、この夏どこか旅行をされますか?

July 27, 2004

指輪に興味ない私は変なのかな?

結婚が決まった友人5人は、みんな着々とその準備をすすめているようです。
でも話を聞いていると(あ~結婚するって大変なのねぇ)って思います。

まずみんな、スタートである結婚式(と披露宴)のところで
すでに相手方とぶつかっている。

私も今までは「結婚するときは、結納(両家顔合わせ)も必要で
そのあとは結婚式と披露宴をやって・・・」なんて思ってたこともあるけど
今は別にそう思わなくなってしまいました。

今までに呼ばれた披露宴の数は、15件。
これって多いのかな。
それもこの5~6年くらいの間に・・・の数です。
最初の頃は感動していたけれど
そのうち、似たような演出&お料理に、飽きてきたというのが本音。
今では本当に、どれもこれも同じに見えるよ。

去年1年間は誰の結婚式もなかったけれど
今年と来年は、またいっぱい呼ばれそう。

私は指輪とか、もともとアクセサリーには全然興味ない人なので
会社の人がほとんど結婚指輪しているのに
ものすごく違和感を覚えます。
そういえば、うちの親も結婚指輪してないしね~。

でも私の会社の人は、既婚者はほぼ100%結婚指輪をしているんだよね。
まぁ結婚指輪はいいとしても
もっとよくわからないのは、婚約指輪。
あれも、結婚の決まった友人の多くは
ダイヤモンドが光り輝く左手をちらつかせて見せてくれたけど
私からしてみれば(普通の女性は、こういうのが嬉しいのかな。)なんて思っちゃう。

大体、そういう指輪を買ってるお金があったら
私は他のところにお金をかけたいわ。
特に旅行とかね。
もし今の彼が(そんなことは言わないと思うが)
「指輪買ってあげるよ」と言われても、即拒否すると思うな、私。

でも1つだけとても羨ましいな~と思うのは
みんなすごく幸せそうなところ。

私も絶対に大好きな男と結婚するんだ、と心に決めた。
もう32歳だから、いつまでも夢見る夢子みたいなことを
言ってる場合じゃないんだけどさ(笑)

July 18, 2004

連絡とらなくなって4日目

彼と連絡をとらなくなって4日目。
(あの人今頃何してるのかな?)なんて考える。
その一方で、彼と私の間にはきっとどうにも埋められない溝があるのだとも考える。
気になるなら自分から連絡してしまえばいいのに
でも連絡したらしたで、きっとまた後悔するからやはりこのままでいい。

毎日普通に生活をしていると、4日間なんてあっという間だ。
彼が海外へ行ってる間、向こうがメールができない環境だから
連絡が来なかった、っていうことはたまにあったけれど
双方が(おそらく)意図的に連絡をしないというのは初めてだ。
しかも4日も・・・。
彼と付き合いはじめての1年7ヶ月(→早いね。)は
連絡を取らない日のほうが珍しくて
ほぼ毎日連絡をとりあってきた。

だから先日ちょっとトラブったにせよ
(いや、これでいいのだ。)という思いも確かにある。
私が考える、彼との埋められない溝をいくつか挙げてみる。

■彼■
「結婚は契約である」と考えている(らしい)。
妻には一生働いていてほしい。
子供はいたらいたでいいけど、いなくても別にかまわない。
どうしても子供を育てたい、というのであれば
もし子供が授からなかったら、養子という手もあると思っている(らしい)。

デートは外出するよりも、部屋の中で過ごしたい。
2人で一緒に何かをするというよりも
時間を共有することがまずは大事と考えている。

お金に関しては、とにかく無駄がない。
例えば電車ならば、歩ける距離なら歩く。
タクシーはなるべく使わない。
質素倹約型なんだよね。

食べ物に関しては、あまり執着がないそうで
レストランとかでおいしいものを食べる、という感覚はあまりないみたい。
食事にはお金をかけたくないけど「飲み」ならいいらしい。

あと家族に対しての考え方も、違うかなぁ。
彼の家族に対する考え方は、私の家族に対する考え方とは
だいぶ違うみたい。

私は、例えば結婚すると決まったときには
親にきちんと報告したいし
彼にも「お嬢さんをください」ではないが
やはりそれらしいことをさらりとでもいいから
言ってほしいなぁって気持ちはある。

結納みたいな大掛かりなことはやらなくてもいいから
両家の顔合わせはやりたいなぁって思うし。
彼はかしこまった席が嫌いだけど
私はかしこまった席も割と好きなんだよね。

ちょっと話がそれてしまったけど、さきほどの続き。
今度は私の番。


■私■
「結婚は愛である」
まぁこう書いたらちょっと大げさかもしれないけど
彼の言うところの「契約」とは違うというのが私の気持ち。

この人とずっと一緒にいたい。
大好きでたまらない。

こういう気持ちをもった人に対して
「契約」なんて言葉は私には出てこないのですが・・・。
でも既婚者の人からしてみれば
「結婚は愛である」なんて何て甘いこと言ってるの!?なんて
言われるかもしれないですね?

専業主婦になるつもりもないけれど
これから60歳になるまで、今のペースで仕事を続けるのはいやというのが
私の本音。それがいやなので、今自分の得意分野の勉強を始めた。
もともと、以前すでに10年ちょっとやっていたことなので
長いブランクはあるけれど、将来、その道の先生になって
人に教えることができたらいいと思う。
ただその場合、今と同レベルの収入は期待できないと思うけど。

子供については、やはり好きな人と自分の子供がほしいと思う。
やはり30代に入ると(私の体は、ちゃんと子供が産めるのか?
産めるとしてもいくつまで産めるのか?)というタイムリミットが気になる。
いくら気持ちが若くても、体は毎日着実に年をとっているわけだからね。
このへん、男の人にはわからないかもしれないけど。

デートについては、部屋の中で2人でのんびり&まったりするのも
いいんだけど、たまにはデート・スポットに行きたいよ。
私は閉所恐怖症の気があるのか、部屋の中にずっといると
ときどき息苦しくなる気がするのです。
以前バイトしてたときの休憩室は、窓がなかったからつらかったなぁ(笑)

お金に関しては、別にごく普通だと思うんだけど
彼に言わせると私にはまだまだ無駄遣いが多いらしい。
気を付けてはいるんだけど、なかなかね・・・。

食べ物については、私は食べること自体が好きだからな~。
おいしいものを食べるために、たまにはお金をかけるのもありだと
思うんだけど・・・。

例えば旅行に行ったときに、何が楽しみって旅先で
おいしい食事に出会えたときが嬉しい私。
食べ物の感覚が違うのは、痛いかなぁって思う事があるんですが
他のカップルの方はどうなんでしょうか?

なんだか延々と続くばかりで、まとまりのない文章になってきましたが。
ここのURL,彼も知ってるんだよね(汗)

友達がどんどん結婚していく

今年は私の友達が、一挙に5人も結婚を決めた。
5人とも結婚式や入籍は年内、もしくは遅くても年明けくらい。
今まではそろいもそろって「私っていつになったら結婚できるのかな~?」と
お互いに相談したり、励ましあっていた友達ばかりです。

5人目の結婚のことは今日知りました。
私が以前、失恋したときにも随分相談にのってもらっていた友達でした。
当時彼女は不倫をしていて、私は彼女を見ているのがつらかった。
彼女が不倫相手の彼をどれだけ好きなのかわかっていただけに…。

でも今日、彼女の幸せ報告を知って、嬉しい反面羨ましくもあった。
彼女にとっては、以前の恋はもう「過去」になったんだよね。

もちろん、私にとっても以前の失恋はとっくのとうに過去のものである。
それでもときどき、そのときの感覚がフラッシュバックしてきてつらいときがある。
元彼が好きなのではない。
失恋した当時、その元彼のことが本当に好きだったと
思い込んでいたのだけれど、私が好きだったのはその人ではなかったのだ。
たぶん、その前に好きだった人のことが今でもきっと
心のどこかに引っ掛かっているんだろうなと思います。

彼から毎年送られてくる年賀状。
字はいつも奥さんの字なの。
すでに子供もいる彼は、親子で仲良く写った写真を年賀状に使っている。

でも、その彼のことだって本当はもうどうでもいい過去のことなのだ。
年賀状が届く、毎年元旦だけは心がざわついてしまうけれど
今さら人様のだんなになってしまった彼のことを
どうこう言ってみたところで始まらない。

私には今付き合っている人がいる。
けれど、彼とはとにかく喧嘩(もしくはその一歩手前)までいくことが多くて
今回も彼とは距離を置いてしまっている。

彼と私は今までほぼ毎日のようにメールのやりとりをしてきたけれど
先日、彼と電話で話していたときに(元はといえば私が原因なのですが)
また口論ちっくなことになってしまい、彼の口から出た「君のメールはネガティブだから」
だとか「あれを読まされるこっちの身にもなってみなよ」の言葉に
ショックを通り越して、そんな風に思われていたのかと悲しくなってしまい
もうメールを書こうと思えなくなってしまった。

今日は調布の花火大会で、彼はそれに1人で行ったはずだ。
花火大会が今日であることは私ももちろん覚えていたし
私も便乗して行こうかな?なんて一瞬は思ったのだけれど
結局は、仕事疲れ(土曜は本来暇なはずなのに、めちゃくちゃ忙しかった)と
この間、電話で話していたときに私が電話を嫌な切り方をしてしまったので
それ以降、彼とは一切連絡をとっていないのだ。

この間私は自分なりにいろいろと考えている。
彼と私は、お互いに求めているものが違うのだ。

彼には精神的にも経済的にも自立した女性じゃないと合わないと思うし
実際に彼が求めているのは、そういう人だと思う。
でもかたや私は、この男社会の中でバリバリといつまでも戦い続けるようなタイプではない。
ましてや、そりゃ私も働くことは働くけど、いざとなったら
「何かあったら、俺にまかせろ!」と言ってくれる人がいいんだよね。

それに彼は節約がうまいし、いざ本当に貯蓄を始める段になったら
私よりも数倍うまいでしょう。
でも私は(自分ではそんなに贅沢してるとは思ってないけど)
知らず知らずのうちに、お金を使ってしまっていることが多い。
金銭感覚が違うのはのちのちまで響きそうだし・・・厳しいね。

同じような境遇(30代独身)の友達が減っていくのは寂しいけれど
私は私でもう少し頑張ってみるよ。

いざとなったらこういうのに登録したほうがいいのかも!?

July 10, 2004

喧嘩するほど仲がいい?

私は職場では「気分にムラがない」だとか「後輩の面倒見が良い」だとか
いいほうに言われることが多いのですが
こと彼と一緒にいるときは、あきれるほどに気分のムラが多いし
わがまま放題になってしまう…。これって一体なんなんだろう?

彼とちょっとぶつかるだけで途端に不安になるし
どうも彼と私は他のカップルと比べると
言い争いというか、喧嘩みたいになることが多いのです。
お互いに「自分一番」だからなのかな。

「付き合いはじめてから喧嘩らしい喧嘩をしたことがない」
なんていうカップルが私の周りにいるのですが
私からしてみたら、信じられない。

私はひねくれているのかなぁ。
彼とぶつかると、ついつい嫌味の1つも言いたくなってしまうし
相手から何かカチンとくることを言われたら
やはりそのまま黙っていられる性分ではないのです。

このまま結婚とかしたら、喧嘩が絶えない夫婦になりそう・・・。
それだけはいやだ。
喧嘩とまではいかなくても、言い争いみたいになって
精神的に消耗するのはちょっとね。

私は穏やかな気分でいられる家庭を目指したいんだけど
ま、自分1人でどう思っていても
こればかりは仕方ないですね。

今日、同じ職場の総務の女の子が帰りがけに
「先輩、結婚おめでとうございます!」って
別の課の後輩に言われるのを見て
(やっぱり結婚をすんなり決めていく人っているんだな。)と思いました。

いや実際にはその影には並々ならぬ努力や苦労もあったのかもしれないけど
その彼女は社内でも5本指に入るくらいきれいだし。

何が言いたいのかわからなくなってきてしまったけど
要は私の負け犬生活はまだまだ続くんだろうな、ということ。

でも結婚したいなと思う反面、やっぱりまだ今のままでいいやって
思うことも多いんだよね。

結婚する前に
■現在、社会人と大学をかけもちしているので、大学のほうは卒業を目指す
■転職願望ありあり。やはりこれもするなら結婚前かなと思う。
■旅行!1週間とかではなく、10日とか2週間とか、できれば1ヶ月くらいの
  長期の旅行に行きたい。
このくらいの期間では長期とは言わないのかもしれないけど。

これはやっておきたい。


July 08, 2004

仕事はお金をもらう手段?

1年間育児休暇を取得していた後輩が、3日前に職場復帰しました。
後輩とはいっても、年齢は私と同じです。
彼女の部署は女性のみ5名の部署だったけど
なんとこの1年でその部署の女性全員が妊娠・出産しています。
年齢が20代後半~30代前半にかけてだから
いつそうなってもおかしくないんだろうけど
普通に結婚して、子供を産んでる女性を見るとやっぱり羨ましく思えることもあります。

その育児休暇をとっていた後輩は
復帰後のあいさつをわざわざしに来てくれたのですが
開口一番「この会社で働くのは、お金のためですよ(笑)」と
言ってきたのにちょっと驚きました。
でもうちの会社はいろいろ問題あるからな~。
「お金のため」と割り切らないときついものがあるかもね。

ただ彼女が1年休んでいる間に
周りのメンバーがガラッと変わっていたのに驚いていたし
彼女の場合は、だんなさんが同じ職場なので
おそらく休んでいる間も会社の話はだんなさんから聞いてたはずなので
他の人と比べたら、復職しやすかったんじゃないかな。
考えてみれば、私の同期でやはり数年前に育児休暇をとって
復職した人がいますが、彼女もだんなさんが同じ職場の人でした。

でも「お金のため」というのは(いい意味で)なんか頭を「カツーン」と殴られた気がしました。
私はいつも「今の仕事はなんか自分に合わない」とか
「もっと他に自分に合う仕事があるのでは?」とか
会社の体質も嫌な面が多いけど
「生活のため。生きていくため。お金のため。」って考えれば
転職自体をあまり考えなくなる気がします。

働く事が楽しくて楽しくて仕方ない、って人はそうそう滅多にいないと思うし
仕事に生きがいとかやりがいを見出そうとするから
かえって、そのギャップを感じて
自分自身がつらくなってしまうのかな?なんて思いました。

それにしても、その職場復帰した後輩は、もともと美人ではありますが
子供を産んだらますますきれいになった気がします。
気のせいかな…???

July 05, 2004

男友達はいなかった

おとといココログを始めたばかりですが
けっこうハマりますね~。
ほんと既存のHP作りよりもアップロードが簡単ですぐに反映されるところが
何よりもたまらないです(^^)
まだ機能が把握しきれていないんだけど
いろいろできるようになるといいな。

さて今日は髪を切りに行ってきました。
そこの美容師さん(女性・私より2歳年上)がおもしろいんだな。
昔から男友達が多かったそうで
自分はそのうち自然と結婚できると思っていたそうなんですが
気がついたら、その男友達も1人、また1人と片付いていき
いつのまにか気軽に出かけられるような男友達が
いなくなってしまったのだそうな(笑)

本人としては「今度彼氏ができたときには
じっくり見極めたいけど、もうそんなこと言ってる時間がないよね~(笑)」
と言うので私も「あ~、それわかりますぅ~」と相槌を打ってしまいました。

ほんと私の最大の失敗は、若い頃に恋愛経験を積んでこなかったことだね。
でもねぇ、20代の頃は女友達とあちこち出かけて
気のおもむくままに旅行したり
食欲に導かれるままに、おいしいもの食べに行ったり
そんな生活を続けていたので
男の人とは自分でもあきれるほど縁がなかったのよねぇ。

そもそも私には、男友達というのも存在しなかった。
グループで会ったりするのはあったけど
1:1で、何かあったときに相談にのってくれるような人がいるのが
私の理想であったのだけれど、ついにそういう人は現れず。
男女の友情というものも、どうも信じられなかった自分が一番の原因なんだろうけどね。

そんなわけで、私にとって「彼」というのはとても不思議な存在です。
身内のような、兄貴のような、友達のような…。
でもそのどれでもないんだよね。
いないと困るなぁと思う反面、しばらく会わなければ
会わないでも平気な私。

よく周りの友達の話を聞くと「え~、会わなくても平気なんて信じられな~い!!!」
と驚かれるのですが、私に言わせれば「そんなしょちゅう会わないと成り立たないような
関係の方こそ信じられな~い!!!」なのです。

…また負け犬ちっくな発言をしてしまいました。


「負け犬」らしきことをつらつらと・・・

今日は彼と会って買い物をしたり、お茶をしたり、
私のお気に入りのお店でおいしいお酒を飲んだりしたけれど
PMS(ってわかります?)の影響をモロに受けていたらしく
突然悲しくなったり、涙ぐんだりして
非常に精神的に不安定な1日となってしまいました。

彼には悪いことしたな~と思う。
でも(特に男性には)理解してもらえないかもしれないけど
PMSの症状が強くなってきたのは30代に入ってから。
20代の頃はそんなにひどくなかったのよね。
体調面ではいろいろと変化が起こっていたけど
精神面ではそんなに影響が出るほうではなかったのに…。
感情面のコントロールができないのは、自分でも情けないと思う。

私の今の最大の悩みは、仕事をどうするかということである。
毎日の生活の中で、仕事に割かれる時間が一番多いのだから
仕事をどうするかで自分の生活もかなり変わってくると思う。

私の数少ない長所の1つは、粘り強いことかなと思います。
それは今の仕事が好きではない、向いていないと自分でも気づいているのに
辞めずにずっと続けてきているからです。
まぁこんなのは粘り強いとは言わないのかなぁ。

大体、本当に能力がある人だったら
こんな不況のご時世でも、次にいけると思うのよ。
それが転職活動をしてもなかなか次の職場が決まらないというのは
私には何かが欠けているのでしょう。
そんな私が、まだ次も決まらないうちに今の職場(ポジション?)を
辞めてしまうのは、それこそ大問題だと思う。

最近、私の独身の友達数名が一斉に結婚を決めたのですが
(ま、たぶん偶然時期が重なっただけだろうけど)
話を聞いていると「顔は全くタイプじゃないんだけどさ~、
なんでも私に合わせてくれるし、これなら私のほうが強くいられるし、
何より『結婚後も、君が働きたいなら働けばいいし、
働きたくないのなら、家のことをちゃんとやってくれれば僕はかまわない』
って言ってくれるから安心していられるんだよね。」というのが大半。

ってことは、自分にある程度合わせてくれて
自分のほうが相手よりも強い立場にいられて
一生自分を養ってくれるであろう相手なら、誰でもいいんじゃあ?
って思えてくるんだよね。そうじゃないと思いたいけれど。

これからの時代、だんなさん1人の経済力に頼って生きていくのは
相当のリスクをしょうことになると思う。
それでも、そういう男性と結婚を決めていく女性が多いのは
どうしてなのかな?って思う反面
実は私もそういう風に言ってくれる人を望んでいるのかも・・・って思うことがあります。

夫婦2人で働いていれば
片方に何かあったときに打撃を受けずにすむのはわかっている。
リスクヘッジって言うんだっけ?

結局私は、いつもいつも考え事ばかりして
なかなか先に進めずにいます。
「これは!」と思う仕事に就いて、穏やかな気持ちで生活していきたいだけなのに。

長年のブランクの末、書道を再開しました。
将来の仕事につながるよう、めいっぱい努力したい。
一生、今の会社みたいなところで働くのはたまらないもの。

July 04, 2004

離婚したのになぜ一緒に住めるの?

もともと芸能人には興味がない私ですが・・・。
きのうは会社の社食で休憩とってる最中
ちょうど保坂尚輝の会見がやっていたので
ついついそれを見てたら(はぁ~~~?)と思ってしまった。

ええっと…
今回は今井美紀のだんなである布袋と高岡早紀が「火遊び」をしたんだよね。
それは保坂と高岡の離婚には直接関係ないと言ってたけど
そもそも、なんで離婚したのにまだ同居し続けているのかが
私には理解不能。

家のローンが残っているからと釈明していたけれど
一緒に住み続けられるくらいの関係ならば
別にあえて離婚しなくてもよかったのでは?とも思うし
そもそも、離婚が成立した元妻と布袋がどうしようと
別に今さら、保坂が口に出して会見するようなことでもないと思うのだが…。

「美紀ちゃんは笑って許してくれました」っと言った布袋は自分がどれだけ株を下げたか
わかってない。
今井美紀も強く出れないところが痛いよね。
高岡早紀はなぜ布袋とそのようなことになったのかよくわからないし
保坂の開き直ったような態度は、やはり滑稽である。

でもこういう話題が出るたびに「因果応報」ってほんとなんだな、と思う私であります。

July 03, 2004

お笑いが好き

ココログは初めて利用しますが…便利ですね~。
ホームページを作るときは、何よりもページ作り自体に時間がかかるし
作ったら作ったで、今度は「サイト管理」という仕事が待っているので
横着者の私は、ろくに更新もしないままに
本家本元のサイトはほったらかし☆

その点このココログは、画面にそって打ち込んでいけば
あとは勝手にやってくれるので
本当に助かっています。
これからいろいろな記事が書いていけたらいいなと思っています。

今はまっているのはズバリ「お笑い」です。
昔は漫才とか大嫌いだったのに
NHKの「爆笑オンエアバトル」を見るようになってからは
毎回登場するお笑い芸人たちに釘付け!
今や、生のお笑いライブにまで足を運ぶ私…(笑)

好きな芸人さんは

ドランクドラゴン・いつもここから・長井秀和・青木さやか・アンジャッシュ
アンタッチャブル などです。

テレビで見るのもいいんだけどね。
生で見るのはもっといいよ。
次回のお笑いライブはいつだろう?
チケット・ゲットしなくちゃ~(笑)

しかし栄えある第一回目の記事投稿なのに
なぜゆえに、私は自己紹介でもなく、お笑いのことばかりを書いているのでしょう!?

Main | August 2004 »