管理人別館のお知らせ

  • ななこのくつろぎカフェ
    日々思うことをつらつら書いています。本館には書ききれないことや、ちょっと書きたいことがあるときなど、気軽に更新しています。本館の更新がSTOPしていても、こちらだけ更新されることもあります。
  • 旅行記のページ
    旅行が大好き!なので別サイトに旅行の記録を残してあります。詳しくはそちらのプロフィールをご覧ください。海外はアメリカ、タイ、韓国、台湾の記事、他に国内外のホテル宿泊記もあります。HNは「ななこ」ではありませんが気にしないでください。

Ads by Google





おすすめ本

無料ブログはココログ

My bookmark

  • 医療ルネサンス
    がんの特集も多く、過去に数回乳がんの特集も組まれています。
  • 保険選びネット
    保険のことが非常にわかりやすく書いてあるサイトです。 掲示板を読むだけでも勉強になります。
  • 乳がんホームページ
    細かな情報がいっぱいです。乳がんかも?と不安がある方はこちらのサイトが参考になります。掲示板の交流も大変活発です。
  • 乳癌インフォメーション from doctors のホームページ
    この中の特に「相談室」を参考にさせていただいています。患者の質問に答えるのは、毎回異なるドクターです。
  • 二瓶光博先生の「ザ・乳がん」
    発病当時、いろいろ検索していて見つけたサイトです。この中の「乳がん無料質問箱」で情報を得ることも多いです。何よりも二瓶先生のときには厳しく、ときには優しい心のこもった回答に、感謝している方も多いと思います。

病気(ガン)に関するニュース(読売新聞)

メモ

February 28, 2017

お知らせ(更新履歴)

最新のお知らせ
ようこそ「もしかして負け犬?な私の日常」へ。
このサイトは32歳@独身で乳がんになり、12年目に突入した
管理人ななこの日々の気持ちを綴っています。
(現在は定期検診のみで無治療です。)

初めてお越しの方はプロフィール(2015.1.11更新)からどうぞ。
私の自己紹介と略歴、病気の状況などを書いてあります。
※自分の病状の覚え書きということで、今後も時々更新します。


化学療法中に役立つリンク集(ウィッグや髪の毛付帽子サイト)
乳がん術後用下着のページ を更新しました。(最終更新:2015年1月)


別サイトのお知らせ
ななこのくつろぎカフェ(停止中) 
旅行記ブログ(たまに更新中)

落ち込んだときはこちらで癒されてください
書家による素敵な言葉の数々(1)(2)

★このブログのコメント欄について。
コメントを入力する際、メールアドレスを入力する欄が必須となっておりますが
入力するのが嫌な方も多いと思います。その場合ダミーのメールアドレス(適当)で
かまいませんので、形だけ入力していただければ大丈夫です。
ココログブログの設定上、そういうシステムになってしまっているようです。


February 21, 2017

周りからの見え方

 

つい最近(おやっ?)と思ったことがあります。

私がいる部署は、派遣社員も契約社員もサバサバした人が多くて
誰かと誰かが仲が悪いという話を聞いたことがありません。
それは各々が持っている仕事量が多いので、人のことにまでかまっていられない・・・
という環境も一因かもしれませんが。

ところが、隣りの部署にいる、最近仲良くなった派遣社員の人によると
部署内の人間関係でいろいろ問題が起きているそうです。

一人、とても気が強い派遣社員の人がいて

小姑みたいにワーワー言ってくるので、精神的に参りそうとのこと。

「ななこさんがいる部署は、一匹狼系の人が多いから
人間関係で苦労はしないでしょう?

Aさんは明るいし、Bさんは特にサバサバしているし、ななこさんは朗らかだし、そういう人がそろってるよね。
私がいる部署は、その気が強い人にみんな押され気味で
ちらほら、もう契約更新しないで辞めると言ってる人もいるくらいだよ」と言われました。

 (おやっ?)と思ったのは、前の職場でも私の性格について、今回と同じように
「朗らか」だと言われたことがあったからです。

私としては「明るい」と言われる人がとても羨ましく思えるのですが
他人から見ると「朗らか」に見えるということは、
暗い人には見えていないのだとわかってちょっと安心しました。
(子供の頃は、内気で暗い子供でした)

 ブログにストレートに書き過ぎているので、(この人は実際に会ったら
マイナス思考で暗い人なんだろうな・・・)と思われている可能性もあるので
実生活でそのように言われると、自分が二重人格のようにも思えてきますけど・・・。

でも考えてみれば、会社では対外折衝も多いし、
自分なりにはハキハキ&テキパキ応対できるようには頑張っているつもりです。

ただ、本来はボーッとした性格なので、仕事が休みの日には
その反動なのか、ぐったりしてゴロゴロして終了!みたいな日もあります。

 そういうところのギャップが、あまりない、バランスがとれた人が理想なのですが、なかなか難しいですね~。

February 18, 2017

あっという間にもう週末

  今週は出張が2本あり、オフィスにいたのが3日しかなかったので
たまにオフィスに戻ると未読メールがたっぷり溜まっていて
それを斜め読みしている自分がいました。

(あっ!いかんいかん!ちゃんと読まないと・・・)と
再度じっくり目を通して、次の出張に行くまでに一通り処理したり
けっこうバタバタした1週間でした。

営業職の人は、自分が出張に行ってる間は営業アシスタントに
代わりに電話やメールなどの社内での事務業務を頼むことができます。

でも私の場合、自分がアシスタントで営業職の社員が不在のため
出張も事務業務も自分がやらざるを得ない状況になっています。
(誰かアシスタントを付けてほしい・・・)と本気で思ってます。

ただ、アシスタントにアシスタントをつけるというのはさすがに無理みたいなので
部長からは「本当に申し訳ないけど、3月末まではなんとか今の状況で
乗り切って!」と言われてます。

4月になったら、誰か新しい社員を付けてくれるのか?
それとも、営業アシスタントをもっと増員してくれるのか・・・
現時点ではわかりませんが、もうじき人事異動も発令されるみたいなので
それまでは様子を見るしかなさそうです。

 さて、先日派遣会社の営業マンが会社に来て
内々に、契約社員後のお給料について内示がありました。

「ななこさんが納得できる金額かどうかわかりませんが
会社からはこの額を提示されています」と言われて見せられた金額は、
これまで派遣社員として働いてきた中では一番高い年収でした。

今現在契約社員の人から「派遣社員のときのお給料がベースで
それに少し上乗せした額で提示されるよ。」とは聞いてはいたのですが

内心(よかった。転職した甲斐があった・・・)と思いましたが
営業マンに「まだ確定ではなく、本人の意思を確認してから再度人事に
お伝えすることになっているのですが、この金額で納得はしていただけますか?」
と聞かれたので

「実は、事務というより営業職に近い業務を担当しており
本来は(休職中の)社員が行くはず・やるはずの出張業務や、もろもろの調整業務を
ほとんどすべて私が引き受ける形になっている。
なのでその点を考慮していただけるとありがたいです。」とはお伝えしました。

最終的な年収は、派遣会社からではなく職場の上司から直接通達されるそうなので
あとはそれを待つしかありません。

 派遣社員の今は、時給制なので、月の勤務日数が19日間の月と
22日間の月とでは、お給料にかなり差があります。

それが契約社員になると今度は(懐かしの)月給制+賞与になるので
毎月何日働こうと、お給料には変動が出なくなるところがちょっと寂しいですね。
賞与でふくらまされる分、月給自体は派遣社員の今よりも下がります。
どちらも良し悪しがありますが、3月末まではなんとか頑張って乗り切りたいと思います。

February 15, 2017

遅延続きでクタクタです

朝から大幅な列車遅延とか泣けてくる…。
大廻りして、複数回の乗り換え有りルートで行ってみることにする。

幸い、いつもかなり早目に家を出ているので、迂回ルートならば
遅刻せずに間に合いそうです。

今週は、月曜日も列車遅延が発生して、出張先に一緒に出向くはずの営業マンが
集合時間に間に合わず、とりあえず私が先に行ってる…というところから始まりました。

今週はそんな週なのかもしれないですね。

金曜日も出張があるのに大丈夫かしら…(笑)

February 12, 2017

もはや過去の悩み

 週末に前職場の同僚と会ったと書きました。

私が約7年間勤めていた職場で、いろいろ思い入れもありますが
「相変わらず、ボスが派遣を仕切ってる」とか
「正社員と派遣社員の待遇の格差が開きすぎている。
給料なんて派遣社員は正社員の半分!」とか
派遣同士でもお互いの動向をSNSでチェックしあっているので
うっかり、Facebookに日記めいたことをアップもできない・・・などと聞いて

今の職場ではそういう悩みが全くないので(あぁ、前はそういう職場だったなぁ。
ちょっと人間関係が面倒くさかったよなぁ)と思い出してしまいました。

前の職場は、正社員は厚遇されていたし(それはどこの企業でもそうかもしれせんが)
派遣社員は「あくまで一時的にいる人」という風に見られていたので
そういうところは、今振り返ってみても、イヤだったなぁ、
だから転職を決めたんだったよなぁ、私・・・と思いました。

でも一番よくわからなかったのが、SNSをお互いにチェックしすぎて
「あの人とこの人はプライベートでも遊んでいる仲だから、話題には気を付けて」とか
「上司が特定の派遣社員だけを、日帰り旅行や海外旅行に誘って連れて行ったことが
判明した」とかわかって、疲れてしまう人がいるのだと聞いたことです。

私もFacebookをやっていますが、ブログと比べたら本当にたまにしか書き込みしていませんし
極力、職場関係の人とはつながらないようにしているので
仕事とプライベートがモロに一緒になってしまうようなことには
ならないように気を付けています。

 誰かが書いている記事を読んでモヤモヤしたり、疲れたりするくらいなら
読みに行かなければいいのに・・・と思いますが、お互いの動向をチェックすることが
どうにもやめられないらしい・・・。

会社の付き合いだけの人のSNSなんて、読みにいこうとも思いませんが
そんなに他人の行動をチェックして、一喜一憂している人がいるなんて、と
驚くと同時に、そういう人がけっこういるそうなのです。
なんでそんなに会社の人の動向が気になるんだろう、暇だよねぇ~。

 それに、人間関係での悩みだけならばまだしも、派遣法が改正された関係で
前職場を来年3月で派遣契約が解除になる人が、多数発生するそうです。
派遣社員だけでざっと200名前後はいたと思いますが
そのうちの半分は契約解除になるのだとか・・・。

 派遣会社も、率先して次の職場を紹介してくれる可能性は低いらしく
早くも慌て始めている派遣社員もいるそうです。


 そんな話を聞いていたら、とりあえず今の職場には派遣社員や契約社員同士の
変な軋轢というか、女同士のドロドロした関係はないですし
5年間契約社員として働くと、無期雇用になるという風に聞いていますので
やっぱり転職して正解だったなと思いました。
50歳前後で、派遣契約が切れて、また一から転職活動するのは大変だと思います。

まあ私の希望としては、無期雇用の契約社員ではなく、
正社員への道が開かれれば言うことないですけどね。
ただ、抜け道として、事務職ではなく、営業職であれば正社員への転換も
(時期が来れば)可能なようですが、営業職は・・・今のところは考えていません。


 休職中の社員さんは、まだ体調がすぐれず、休職期間がさらに延長になると先日聞かされました
身体の病気とは違って、心の病は検査結果のデータなどで判断するわけではないと思うので、
いつまで休職が続くのか、上司の人たちもわからないそうです。

 明日からまた出張&残業三昧の日々が始まるので、私までも体調を崩さないように、
なんとか乗り越えていきたいです。

February 11, 2017

日帰り横浜: 篠山紀信展「写真力」

  昨日は仕事帰りに前職場の同僚と飲み放題付きの食事に行ったので
今朝はすっかり朝寝坊してしまいました。

本当は遅くとも8時には起きて行動開始しようと思っていたのに
アルコールが入った翌日は、ダメですね~。
ハッと気が付いたときには、なんと11時になっていました。


今日は、行こうと思っていた場所がありました。
篠山紀信展の「写真力」です。

この写真展は2012年から巡業していたようなのですが
未だに全国をまわっているらしく、今月末までは横浜で開催中なのです。

2012年には東京でも開催していたようですが
そのときには、自分のアンテナに引っかからなかったのか
ちっとも知りませんでした。

 少し前に、新聞か何かで読んで(これはおもしろそう)と思ってましたが
なにせ場所が横浜で、千葉から行くとなるとけっこう1日がかりになるので
行こうかどうしようか迷っていました。

ただ、開催期間が今月末までで、今月はこのあといくつか予定を入れてしまっているので
行けるとなると今日しかありませんでした。

 完全に出遅れたスタートとなりましたが、午後に家を出て、15時頃横浜に着きました。
久しぶりに横浜へ行きましたが、週末の横浜は大混雑していてびっくりしました。

20170211_2

標識がかわいいですね。

20170211_1

手前が横浜美術館です。
みなとみらい線の「みなとみらい駅」とほぼ直結していてアクセス便利でした。

20170211_3

20170211_6


20170211_5

横浜美術館の入口付近です。
かなり広々した作りで、他の人とぶつかることなく写真を観賞することができました。

先週、サントリーホールの帰りに六本木の「マリーアントワネット展」にも行きましたが
あそこは人がひしめき合っていて、正直ひどかったから、余計にそう感じました。



20170211_4

美術館の前には噴水もあって、目を楽しませてくれました。

 さて、肝心の感想
ですが、横浜まで行った甲斐がありました。
最初の部屋は、中が真っ暗なのですが、それもそのはず、
テーマが「鬼籍に入られた人々」だったのです。

勝新太郎が都庁前で、何かを蹴り上げている写真、
美空ひばりや大原麗子が静かにほほ笑む写真、
ボディービルダーも真っ青な、筋肉ムキムキの三島由紀夫の写真、
1990年代に大ブレイクした「きんさん、ぎんさん」・・・。
なんだか懐かしい人たちに会えたような感じでした。

特に、三島由紀夫は卒論で書いた作家でもあり
随分いろいろな書物を読んだ中で、今回の写真もそのときに本の中で
見たことがあったので、本物を見ることができて嬉しかったですね。

他に印象的だったのは「裸の肉体 美とエロスの闘い」の部屋です。
やはり一番目を引いたのは、宮沢りえが18歳のときに撮影した写真集『Santa Fe』の中の1枚。
他にも何人か有名人のヌード写真がありましたが、宮沢りえの身体が若くて、ほっそりしながらもふくよかで、
ミロのヴィーナスみたいに見えました。

そういえば、当時同級生で体重が80キロ近くあった人が『Santa Fe』を買って
宮沢りえの身体に衝撃を受け、その後ダイエットををして、50キロ台まで
落とした人がいたことを思い出しました。

私は買わなかったけど、昨日会った元同僚も「私も持ってるよ!」と言ってたので
意外と買った人はいたんですね~。

他にも、舞踏家のウラジーミル・マラーホフが裸体のままバレエを踊っている写真が3枚あり
その写真も衝撃的な美しさでした。

そして、大相撲の力士たちが、おそらく両国国技館で撮影した写真でしょうか。
若貴全盛期に撮った写真にも、目を惹かれました。
小錦、舞の海、貴闘力、安芸ノ島、私意外とお相撲が好きなんですよ~。
その当時好きだった力士がズラリと並んでいて、しばらく立ち止まってしまいました。
お相撲好きな人は、この写真を見るだけでも行く価値はあると思いました。

最後に「3・11 東日本大震災で被災された人々の肖像」が展示されており
これは、震災50日後に被災地に入り、嫌がる人には絶対にカメラを向けず
話を聴いて心を開いてくれたと思う人のみ同意を求め、「ここに立ってピントを見てください」とだけ言って撮影した写真だそうです。

写真はすべて背景がぼかされており、人々の顔の表情だけがくっきりと写っていました。
何も語らなくても、その写真を、表情を見ただけで胸に迫りくるものがありました。

 横浜での開催が終わると、このあとは引き続き、広島、岩手とまわられるようです。

ちょっと遠いので、行こうかどうしようか迷ったけれど、今日は行ってよかったです。
行かなかったら、きっと後悔してました(笑)

February 05, 2017

感無量です!

 あっという間に、コンサート当日を迎えました。

サントリーホールは、30周年を記念して、明日から改修工事のため約半年間の
休館に入ります。

前にも書きましたが、昔からパイプオルガンの音色が好きだったので
いつかパイプオルガンだけのコンサートが来ないものかと...

密かに狙っていたのですが、今日がその日でした!

 

しかもこのコンサート、演奏時間が4時間という長丁場でしたが
複数のオルガニストがリレー形式で何曲も演奏してくれて
それに加えて、パイプオルガンに関するトークも加わって
滅多に実現しない、珍しいコンサートのようでした。


Img_3350_1

コンサートのチケット発売後、1ヵ月近く経ってからこのコンサートのことを
知ったので、私がチケットを押さえたときには2階の両サイドしか
空きが残っていませんでした。


Img_3359_1

でも、サイドからパイプオルガンを見ると、パイプが突き出しているのが
見えて、これは「水平トランペット」と言うそうです。
通常、パイプオルガンのパイプは上に向いていて、音が一度天井に
ぶつかってから客席に聴こえるようになっているそうですが
サントリーホールの場合は、この水平トランペットがあることによって
客席に直で音が届くそうです。

横浜にある「みなとみらいホール」にもパイプオルガンがあるそうですが
そこのパイプオルガンには、水平トランペットはないそうです。


Img_3358_1

演奏の休憩時間になると、不安になって合唱の楽譜を眺めていた私・・・(笑)

Img_3356_1

4時間という長丁場のコンサートだったので、最初から最後まで
通しで聴く人がどれだけいたかわかりませんが
けっこう入れ替わり、立ち替わりしていたように思います。
後半はけっこう満席に近かったです。

 実際、今回のコーラス隊はどれだけの人が歌うのかなと思ってましたが
100名の枠に対して、250名の応募があったそうです。

すべての演奏が終わったら、場内アナウンスが流れて
コーラス隊員はパート別に呼ばれると聞いてはいましたが
最後の1曲の演奏が始まる前に、ソワソワして集合場所に出向いてしまいました(笑)

そうしたら、サントリーホールの人に「まだ、ちょっと早いですね」と言われましたが
同じようにソワソワして早く集合している人が他にもいたので、助かりました。

おそらく、今日一緒に歌った人は100名以上いたのではないかな?
本日限りの、一期一会の合唱ではありましたが
他の人たちもみんな楽しそうで「ここで歌うの夢だったんですよ」と
私と同じようなことを言ってる人が何人もいました。

舞台に上がって、母が座っている方を確認すると、母もこちらに向かって
全力で手を振っているのが見えたりして
なかなかおもしろかったですね。

事前練習とかもなく、ぶっつけ本番だったので、果たしてうまくいくのかと
かなり不安でしたが、サントリーホールの舞台に立つことは
長年の夢だったので、今日はそれだけで感無量です。
たとえ1日限りのコーラス隊だったとしても(笑)

 

 本番で舞台に立つと、頭上からパイプオルガンの重厚な
音色が聞こえてきて、圧倒されてしまいました。

 

リニューアルオープンは9月1日だそうです。
さらにパワーアップしそうなサントリーホールが楽しみです。

February 04, 2017

いよいよ明日が本番です。早っ!

 いよいよ明日は、サントリーホールのステージで合唱の本番です。

今回は募集→応募締切→当選発表→本番・・・までの
スケジュールがとてもタイトだったことに加えて

※事前練習日はございません
※楽譜の指定はございません。各自でご用意ください
※衣裳の指定はございません。私服でお越しください


・・・という超アバウトな設定での本番となります。

さすがに一度も合わせることなく、本番を迎えるのは私も初めてです。
しかも、歌う曲も明日が初めてです(笑)


Img_3272_1


音取りは、youtubeを見ながら、約3週間ほぼ毎日練習してきました。
ただ、当選するかどうかわからなかったので、楽譜は当選が決まったら
買うつもりでいました。

とはいえ、当選確定後、仕事のあとに銀座まで楽譜を買いに行こうと思っていたものの
残業が続いてなかなか買いに行くことができず
結局、昨日の仕事帰りにようやく山野楽器へ行くことができました。



Img_3270_1

山野楽器本店ということで、合唱のみならず、管弦楽とか和楽器とか
とにかくここに来ればどんな楽譜でも揃いそうなくらいの品揃えでした。
さすがだわ~、千葉には(というかうちの近所には)ここまでの品揃えの店はないと思いました。


さて、肝心の楽譜ですが、サントリーホール側からは特にどの楽譜を用意してください、
という指定はないものの、事前の情報で以下のことだけは知らされていました。

<曲目> ヘンデル:「ハレルヤ」コーラス(オラトリオ『メサイア』から)
※『メサイア』第2部最終曲ハレルヤコーラスを全て歌います
(調性=ニ長調・歌詞=英語)
※4つのパート(ソプラノ・アルト・テノール・バス)を募集します



いつもなら、大抵のものは通販で済ませてしまうところですが
さすがに楽譜だけは、中身を見て確かめてからでないと買うのも危険なので
合唱曲集の売り場を、じっくりチェックしました。

有名な曲だからすぐ見つかるかと思ったけれど
全曲集はすぐに見つかったものの【※『メサ
イア』第2部最終曲ハレルヤコーラス」】
この部分だけの楽譜というのが見つかりません!


というのも、ハレルヤは「メサイヤ」という全250ページもある、ものすごく分厚い楽譜の中の、
約8ページ分のみなのです。
250ページというと、厚さにして2.5センチくらいあります。

お店の人にも聞いてみたけれど、8ページ分のみの部分売りの楽譜も2~3日前までは
あったけれど、売れてしまったとのこと。
明日、一緒に歌う人が買って行かれたのかしら???

 「学校などの文化祭などで歌う用の曲集ならあります」とお店の人に言われて
その楽譜も見せてもらったのですが、楽譜の中にデカデカと日本語訳が書いてあって

「ぜんのうの~かみ~」とか書いてあるので、日本語が邪魔に思えて
その楽譜は書くのをやめました(笑)


たった1日のために、250ページもある全曲集を買う必要がある???と
一瞬迷いましたが、暗譜している第九とは違って、ハレルヤはまだまだ不安が残るので
やはり買うことにしました。

ただ、この分厚さだと当日この楽譜を持って歌うのも厳しいので
今日はコピーを取りに行き、見やすいように書き込みしてMy楽譜を作りました。
いくら音取りしているとはいっても、やはり4つのパートが同時に見られる楽譜でないと
自分がどこで歌うのかわかりません。。。


Img_3299_1_2

Img_3300_1

「エレキトリカルパレード風」と書きましたが、正しくは「エレクトリカルパレード」みたいです。
ここの小節の部分が、なぜかディズニーっぽい音楽に聴こえるので
自分の中では目印になっています。


Img_3301_1


明日はどうなることやら・・・と思いますが
何よりも、パイプオルガンの演奏を4時間も聴けるのが一番の楽しみです。

合唱はその4時間の演奏後、アンコール曲なので、先は長しです(笑)

January 30, 2017

当選しました

 

昨日の仕事の疲れが出たのか、今日は全身筋肉痛になってしまいました。
朝、起きようと思っても身体中が痛い・・・。
(体は確実に老化しているのね!)と痛感する瞬間です。

 さて、少し前に今度の週末にサントリーホールで行われる
オルガンコンサートのチケットを押さえたと書きましたが
そのときに、併せて応募しておいた件、当選通知が今日届きました!

 受かってもいいように、youtubeの動画を寝る前に何度も見て
音取りしていたのですが、当たってよかったです。

音取りするのに重宝した動画です↓

youtubeがあると、こういうとき本当に便利ですね。






サントリーホールの舞台に上がるのは前々からの密かな夢だったので
まさか、休館直前にこんなチャンスに恵まれるとは思いませんでした。

それよりも、問題はこのコーラス、当日までに一度も全員での音合わせもなく
ぶっつけ本番なのです。
案内の書面には「一期一会のコーラスを楽しんでください」とありました。

あと、本番で楽譜を見ていいのかどうかも、応募時には特に指示がなかったので
楽譜は買わずに、ひたすら音程だけ聞いて暗譜するようにしていましたが
当日は「楽譜持参で」とのことなので、これは用意しなければ・・・。
けっこう大きな楽器店とかいかないと、合唱曲用の楽譜って売ってない気がします。
銀座の山野楽器あたり行けば、売ってるかな。。。
やっぱり楽譜を見てもいいのかどうかは、大きな差があります。

ちなみに、アルトのパートで応募しましたが、第九と違って
ソプラノでもそこまで高い音が出ていない曲なので
アルトで応募しておきながら(ソプラノにしておけばよかった・・・)とちょっと後悔しましたが
いざとなったら、こっそりソプラノを歌ってしまおうかな・・・(笑)
まあ冗談ですけど。

本番まであと1週間なので、音取りと暗譜、頑張ります! 

Tosen

January 29, 2017

休日出勤でした

 

今日は休日出勤でした。

日曜日の出勤なんて・・・ホテル勤務時代を思い出すわ~!
あの頃は土日出勤が当たり前だったので、何とも思わなかったけど
今は基本土日休みなので、たまに休日出勤があるとやっぱり不思議な感覚です。

今日も出張みたいなもんでしたが、フルタイム勤務ではなくて
実働5時間くらいでした。
ただ、家から出先までが遠かったので、拘束時間はいつもと似たようなものでした。


それにしても、ペアの社員さんが休職に入って以来、業務量が大幅に増えてしまい
まぁなかなか・・・仕事が終わりません。
今後も休日出勤が増えるんだろうなとは思っています。

 明日は振替休日で仕事は休みなので、今日働いた分、家でのんびりしようと思っています。

今月は出張と残業の嵐で、けっこうクタクタなのですが
私の場合、ストレス解消法は読書と次の旅の計画を練ること・・・なので
適度に発散できています。


少し前に池井戸潤さんの『陸王』を読み、いつもの通り安定感があって
面白かったのですが、今は壇蜜さんの日記本(なぜか3冊目から)を読んでいます。
もっとちゃらちゃらした内容を想像していたのですが、文章はシンプルかつ明快なので
いい意味で期待を裏切られました。

それと昨日、図書館で夏目漱石の『それから 門』の新刊単行本を見つけたので
思わず借りてきてしまいました。
(なぜに漱石?と思われそうですが、裏表紙のあらすじを読んだら、おもしろそうに感じたので・・・)

 ちなみに、次の旅先は(これから花粉症シーズンということで)まだはっきりとは決めていませんが
(ここに行こう、あそこに行こう)と想定して、計画を練るのは意外と楽しいものです。
いつ行けるかはまだわかりませんが、四国のことも調べ始めていますよ~。


ストレスがたまってMAXに達すると、予約ボタンを「ポチ!」とやってしまいそうで怖いのですが
今のところは踏みとどまっています・・・(笑)

«できる人